スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンマイでコケ観察 3

P8211105.jpg

もういいだろう、と言う気もするチェンマイ談ですが、もうしばしおつきあいを。

チェンマイは、お寺がいっぱい。
そしてお寺につきものなのが「コケ」。
コケ観察につきあうのは、さすがにいささかウンザリ気味のうちの旦那っちも、寺は率先して見物したがる。

今回は、沢山の寺の中から、面白そうだったり、コケがありそうな「ワットジェットリン」「ワットチェディルアン」「ワットウーモン?(ワットウモーン?)」「ワットロークモーリー」「ワットチェンマン」をチョイスです。

DSC00965.jpg

P8211125.jpg

P8211123.jpg


一日数回は雨が降るので、基本的には湿っているため常にコケが光っとります。
P8211111.jpg

蛍光塗料でも入ってんじゃないのか?ってくらい、存在をアピールしてきました。

P8231262.jpg

P8211107.jpg

P8211109.jpg

こんな可愛らしい形にしてみたところで、乾期だったら、全く気づいてもらえないだろうねえ。

P8221173.jpg

P8221187.jpg

P8221171.jpg

P8221155.jpg

P8221188.jpg

中でも「ワットウーモン」だとかいうところは、市街地からは若干はずれの郊外にあるため、静かで苔むしたグリーンな寺で最高でしたよ。
DSC01021.jpg

P8221168.jpg
正体不明の苔類が多かった。 ヒメジャゴケに似た感じなイメージですが、非常に薄くて透ける感じなので、我が家のヒメジャとはかなり違うし。大きさは同じくらいです。

P8221158.jpg

P8221198.jpg

ネズミノオゴケに似たのもひっそり発見。

P8221201.jpg

やはりハマキゴケとかメイン。

P8221207.jpg

あと、謎の水草?かなにか。
P8231292.jpg

ウキクサいっぱいなので、もしやイチョウウキゴケとかあったら!と思ったら、

P8231303.jpg

さすがになかったのですが、代わりに謎のカワイコちゃん発見。

P8231304.jpg

P8231308.jpg

裏面。
P8231309.jpg

P8231318.jpg

P8231315.jpg

これなにかな~ ナニ植物なのでしょうねえ。大量に埋め尽くされた鉢は、ムクムクした絨毯状で、凄まじい。
P8231314.jpg


と思ってたら、鳥取帰省の際に見てた「イチョウウキゴケを探そう」

にて、たぶん判明。

どうやら「アゾラ(アメリカオオアカウキクサ)」か「オオアカウキクサ」

アゾラの方は、琵琶湖では外来種、交配種と推定されていっぱいいるようです。
ここでやっかいらしいのが、「アゾラ(アメリカオオアカウキクサ)」は、特定外来生物に指定 され、駆除の対象

に対して、「オオアカウキクサ(在来種のアカウキクサ)」は絶滅危惧種で、保護の対象。

で、これらは形がよく似ていて種を見分けるのが困難だとか。

これらのアカウキクサは、『水性シダ植物』でアクアリウムにも使うみたいですねえ。
検索しても、結構、情報が混濁してる印象。
アクアショップの情報も合ってるのかよくわかんない複雑さ。

アゾラが駆除対象なのか、アゾラの中の一部のみが駆除対象で、一部のアゾラは販売可能なのか、、?!
なんだかよくわかりません。
ただ、アゾラというのがいるのを知らなかったので、ひとつお勉強になりました。

P8231295.jpg

ちなみに、ウキクサの方は裏が赤かったので、鳥取でみた「アオウキクサ」と違って「ウキクサ」の方みたいです。




スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。