スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観察会の復習

観察会の復習を駆け足で、続き。

P5193663.jpg

P5193670.jpg
さて、どれがどれだか。
一見ただの「コケが生えた木」もよくよく近づくと結構な集合住宅になっていて驚きます。
上からヒロハツヤゴケ、コモチイトゴケ、サヤゴケ、イヌサナダゴケ、キウメノキゴケ、マツゲゴケ

P5193674.jpg
サヤゴケ。 わかりづらいけどサク柄の基部がサヤのようになっているのがポイント

P5193685.jpg
続くお目当てはあのコのお肌。

P5193687.jpg

P5193688.jpg
ケヤキについた苔類「カギヤスデゴケ」
コチラは過去二回では「カラヤスデゴケ」として案内されておりましたが、正式な同定結果のもと「カギヤスデ」に変更されました。

P5193695.jpg
『倒瓦状』になっているのがポイント。
また、カギヤスデとカラヤスデの微細な違いを見分けるポイントの一つとしては黒マットか黒ツヤか。

お隣イチョウの木には「ヒナノハイゴケ」
P5193698.jpg

その付近のコケマットも健在でした。
P5193689.jpg

P5193704.jpg
続くポイントは、

P5193705.jpg
「ヒメスギゴケ」
コスギゴケと良く似たコですが、P5193720.jpg
ポイントの一つは、乾いた時の縮れ方。
ヒメスギは軽いカール。ナチュラルカールです。
コスギゴケはもっと強い天パー。「の」字をかくようなくるっとさがあります。

P5193707.jpg
雄株いっぱいでお花畑のよう。
P5193710.jpg


P5193722.jpg
お次ぎは苔類「ヤマトヨウジョウゴケ」
カビゴケと同じくクサリゴケ科の仲間で、鬼小さい。
ぱっと見は染みのようでも、拡大すれば葉と茎にちゃんと分かれていて感心しますね。

そのクスノキの真下には「コホウオウゴケ」
P5193731.jpg

カピカピに干涸びて、まったく気づいてやれない「イシクラゲ」を観た後は、

凄まじいゼニゴケスポットへ。
P5193733.jpg
雌株、雄株、無性芽の3種類、プラスお宝探し(雌株の胞子体付き)

P5193736.jpg
お宝めっけ♪

P5193740.jpg
 この森の中にハンモックでも吊るして昼寝したい


P5193746.jpg
そして木陰が気持ち良いコケ絨毯の上でしばしくつろぎながら観察。
P5193759.jpg


ここでは「ナガヒツジゴケ」と「コツボゴケ」を。
P5193749.jpg

P5193767.jpg
P5193768.jpg
サク歯が二重になっていて、まるで「ワンタフト」のようだな!(歯ブラシのことです)スクリーンショット(2012-05-22 19.40.38)

P5193821.jpg
こちらは「コツボゴケ」
P5193830.jpg
中肋が葉先から少しでているのと、葉のギザギザをチェック。

まだまだ続きますよ。

P5193771.jpg
「コバノスナゴケ」とケギボウシゴケ」と「ヒジキゴケ」はイヌマキの木の下にある岩に安住。
P5193773.jpg
P5193774.jpg

P5193775.jpg
P5193776.jpg

そして、お次の「ハイゴケ」スポットでは胞子体付きを発見!

P5193780.jpg

P5193796.jpg

P5193804.jpg
どんだけ頭垂らすんだ?! ハイゴケの胞子体はちょっと珍しいですね。

P5193842.jpg
そしてラストはホウオウゴケの仲間「キャラボクゴケ」と、「コウライイチイゴケ(準絶滅危惧種)」を観察して終了です。

P5193835.jpg


今回の参加者は10名プラス講師2名の総勢12名による観察会でした。
年齢層は、とても珍しく20代から30,40,50・・と各世代でのそれぞれ参加があったので、和気あいあいとした和やかな雰囲気がいつも以上にあったのではないかと感じました。
急遽キャンセルになってしまった方がもし参加されていたら、性別、世代ともに増々バランス良くなってたみたいです。
今度は10代の参加を期待したいところですね、親子でなんていうのも楽しそう。

川越からいらした方のご感想で、「街中で一人うずくまるとちょっと怪しいから大勢で観察できて良かった」というようなのがありましたが、なにはともあれ、私はこれが観察会の一番の醍醐味だなと非常に共感しました。
やはり、普段でのコケ活動は皆さんおそらく孤独でしょうから、それだけでもこういう機会は積極的にご参加されると、より実りあるコケセンサーを発掘できるかと。
そして世代を超えての色々なコケ話しを聞けるチャンス。

観察会の後に、親睦会とかを付け足してみてもなんだか面白そう~
(単に私がコケをつまみに酒が飲みたいだけです)

おそらくこれからも継続されていく企画かと思いますよ、関東のコケファンには頼もしいものです。



★★★おまけ★★★

この翌日は、また別件で中島さん達とコケ観察したのですが。。


コケ観察中 


コケ観察中2 



コケ観察中3 

いい大人の男性がそろいも揃ってうずくまり、夢中。
これはたしか、レンガの隙間に生えたほんの数ミリ程度の苔類を皆さんで真剣に見ている所だったかと。

コケ夢中 

やっぱりヘンな光景。







スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。