スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苔 コケ こけ 料理

スキャン

コケつながりでご縁のあった舞台俳優・石倉さんが主催するトークイベント。
電子書籍で月1創刊されていく「苔道」の発売記念で企画されたものということで、
ツイッター、FB、オカモスのメーリス、学会のメーリス、ご本人から、
と苔関係全方位からの告知を受け意気揚々と参加してきました。

残念ながら、つい先日コンデジが前ぶれなく崩壊してしまい、
ほとんど写真が撮れなかったのが心残りです。

2年程前の第一弾は、都合つきませんでしたが、その時も苔ランチが凄かったそうで。
今回も期待が膨らみましたが、ぱっと見の色鮮やかな苔色はさることながら、
その解説を聞くと、妄想もひとしお。

DCF00281.jpg
今時こんな画質はないでしょう、というガラケー写真で恐縮ですが、

・シェフオリジナルのデミグラスソースは地面に見立て
・ホウレンソウを練り込んだパスタ
・キヨスミイトゴケを連想させるオカヒジキ
・パン粉、バジリコ、ブロッコリー、
・コケ屋ならピンとくるはず!スナゴケのスターフルーツ

という素材を、シェフ渾身のアレンジで仕上げた、見た目にも舌にも美味しい逸品でした。

トークもさすがプロは、話すのが上手いので爆笑しっぱなしで、
終始和やかな雰囲気がとても印象的でした。

ところで、気になる「苔道」出版ですが、初回はなんと99円だとか!
巷で人気のコレクションシリーズのように、その後は元の価格になっていくようですが、
なんともお試し価格とはいえ、破格です。



苔料理といえば、苔界でなくとも今話題沸騰の「盆栽カフェ」
こちらもやはり、ラジオやツイッター、FB上でガンガン情報が入って来てて気になっていたので、
ぜひとも行きたい!
「苔-BONSAI-パフェ」と「BONSAIティラミス〜芽吹き〜」の2点が気になるので、
誰か連れを伴わないと。。


そして、庶民には手の届かない世界一レストラン「ノーマ」
コケ友さんに教えてもらった店ですが、その方がたまたま予約をゲットできたということで、
今月あたりには、5万円ほどもするというスペシャルランチを、その方はご堪能されたことでしょう。
いいなあ。
高い!とも思うのですが、この店の代表的メニューには何と「コケ料理」が!
これはぜひ食べたい!一生に一度なら、5万は出す!(笑)

実際、食べるのはハナゴケ(地衣類)の方で、蘚苔類の方は調理対象ではないようですが、
器演出で施されるオキナゴケやらが驚愕のコケ料理。
ぜひ検索して、画像をアレコレ見てみてください。素敵デス。

蘚類そのものを料理というと、ミズゴケ天ぷらが有名ですが、
ミズゴケ自体の入手がそもそも困難なので、なかなか実現しづらいものです。
そのため、天ぷら目的でミズゴケをイチから育成しているのですが、かれこれ3年。
育ってますが、揚げるまではまだしばらくかかりそうです。。。ん〜もどかしい。


ところで、抹茶を使った苔チョコや、練りきり苔類などを作ることも多いのですが、
コチラは2年ほど前に夕飯で食卓にだしたら絶句された1品。

P4059148.jpg
レシピは、ごはん、青海苔、ニラ、カイワレダイコン。
中の具材は確か梅を入れました。ようは、ただのオニギリです。

コケの楽しみ方は、学術的なものを大きく離れたあらゆる角度からも
見いだせるし、それがまた面白いのです。
















スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。