嬉しい発見

3_20160502121338183.png

去年のGWは、高知にコケ合宿に行ってたし、
一昨年は、旅先の大島でコケ観察三昧だったし、
その前の年と前の前の年(12年、13年)は、高尾山よりさらに奥に入ったのどかな山や里山でハイキングしながらコケ観察。
ここ数年、何かといえば「コケ目線」で休暇を満喫しておりますが、
今年は、残念ながらコケ的なお出かけができずじまい。。。(>_<)
仕方なく他の予定を優先している今年です。
しかも4月中旬からひいた風邪の酷いこと、治らないこと!!
見事に丸々2週間。
喉も目も腫れ上がり、ラスト5日間は一切の会話もできず、ジェスチャーと筆談でやり過ごすという、
暗く無駄な半月を過ごしてしまいました。。
14日もあれば、博物ふぇすの準備がどれだけ進んでいたことか。。はあ、健康って何よりも大事。。。。

1_20160502121335b54.png

そんなつまらぬ4月を過ごしてGWを迎えてしまったのですが、
だいぶ体調も良くなり、ふと寝室のベランダにあるプランターが急に気になりました。
この部屋は、北側にもベランダがあるので、森林性のコケはここで育てるようにしているのです。
観葉植物を育てるような綺麗な感じではなく、一見枯れ果てた残骸から復活&繁殖させたり、
株分けして増やしていったりで、その成長を見守る観察用目的や、作品で使う目的だったり。
基本的に放置だし、地味なゾーンなのでこまめにチェックはしないのですが、それが急に気になりだして。。
草むしりも兼ねて、久しぶりにじっくり目を凝らしながら手入れをしだしたところ。

あれ。。
あれれれれ。。。!!
あれ、まあ!!!

「ダ、ダ、ダ、ダンゴゴケ!!!」

2_20160502121337e60.png

何と我が家のプランターにダンゴゴケが芽吹いておったのです。ぶったまげ。
わずか直径2cm程度の小さな小さなコロニーですが、「ようこそ!我が家へ!!」
(それにしても、気づくのが遅い。。2月3月にはもう気づける存在感はあったはず。。)

ダンゴゴケとは、「キビノダンゴゴケ」という可愛らしい名前だけど、
岡山県でしか発見されていないという変なコケ。
去年、その第一発見者であるコケ友さんが、顕微鏡観察用に少し送ってくれたのですが、
苔類なので、標本にしてもなあ。。と試しに育ててみることにしたのでした。
ところが胞子を散布した後、みるみるうちに姿を消した後は、跡かたもなくなり。。
胞子が発芽する様子も一向になく、いつしかそのスペースはすっかり蘚類に覆われる結果となっていたのでした。
他では発見されない不思議さから、何かこだわりが強いコケなんだろう、
と思っていたので、失敗は想定通り。
ただ、せっかく送っていただいたコケを無駄にしてしまったような気と、
もっとちゃんといっぱい写真撮っておけばよかった〜という後悔が少しありました。

ところが、丸々1年ちょっとたったこの度、その場所から離れた所でひょっこり出現しやがったのです!
「もう一度、手元でじっくり見てみたいな〜。岡山行かないとなあ〜」なんて思っていた矢先の出来事でした。

つまらぬ日々が、チャラになった感があるご褒美的な嬉しい出来事。
ゲンキンなことに、それから体調は一気に回復してしまいました。
そして連日、舐め回すように眺めてはニヤニヤしているGWなのです。




スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com