スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケ観察会ひさびさ

1_201706191509334fa.png
今年はコケ本yearですね。
また素敵なコケの本が登場です。絵本だけど、内容が凄すぎてもはやコケ本と言ってしまおう。
詳しくは内容を見てこそなので、ネタばれになるので控えてありますが、ちょっとした感想をコチラに書きました。
コケ本紹介@コケイロ

さて、しばらくお休みしていた(元々滅多に開催してませんが。。汗)観察会を久しぶりに行いました。

2_201706191509365c6.png

裏高尾方面の小下沢渓谷にて。
あまりコケは多くありませんが、皆んなでワイワイ。
蘚苔類の各先生の元、あっちについてはこっちについて。。。と欲張りに張り付いて皆さん満喫された模様。

3_20170619150936636.png

4_2017061915093811d.png
5_20170619150940c2e.png
ニスビキカヤゴケの大群落

6_20170619151001c65.png
ナメリチョウチンゴケの雄株

7_2017061915100223d.png
オオトラノオゴケとキダチヒダゴケの混生。

8_2017061915100445a.png
野外での両者の見極めポイントは、主軸ナリ。
主軸が平らになっているのがキダチヒダゴケ。
キダチヒラゴケというのもあるので、先生がたまにうっかりをしてしまう和名を聞くだけでは混乱しかける。
早く学名で対応したいものです。。

9_2017061915100581e.png
ウラベニジャゴケ

10_20170619151007192.png
オオホウキゴケ
もう!全くもって、何て可愛いんでしょう。

11_20170619151023c77.png
大変立派なオオジャゴケ。
タカオジャゴケもあるので、ジャゴケ3種がここで一気に観察できます。

12_201706191510246fa.png
ツルチョウチンゴケ(左)とオオバチョウチンゴケ(右)

14_20170619151027d89.png
解散後も、数名が先生達と一緒にノロノロ観察しながらの帰路。
バス停近くのコケ壁面にて。
帰るギリギリまで皆んなで楽しみました。

今年中にまた開催したい所存です。
今回はオカモス内告知のみであっという間に埋まってしまいました。
SNSも定着し、どこに属することなく情報もイベント参加にも不自由しない昨今ですが、
コケ好きさん向けの情報や観察会など気になる方は、オカモス(岡山コケの会)へのご入会がお勧めです。→コチラ

オマケ
13_20170619151025aa0.png
虫には(というか虫にも)てんで疎い私。
とはいえ、コケのおかげで随分と視界における許容範囲は広がりました。
蛾なのか、蝶なのか、トンボなのかナンダコイツは?と思ったこのヒト。
観察会には、虫屋さんもいたので、すかさずきいてみると「トンボエダシャク」という蛾だそう!です。
名前を聞いて思わず、なるほどー!面白い!と。
野外ってやっぱりおもしろいですね〜。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。