秋!といえば

  • 2010/10/19 00:31
  • Category: 余暇
いつもより早く帰れる日曜、仕事帰りに六本木へ。
夜遅くまでやっているありがたい展示「ネイチャーセンス展」を観に行く。
ずっと気になっていたのです。

4つの季節を感じる事ができる独特の風土をもつ島国、日本。
都市化、近代化の進んだ現代生活において、自然を知覚する潜在的な力(ネイチャー・センス)や日本の自然観について考え、それが現代の美術やデザインにどのように活かされているのかを問いかける。という内容。

幻想的なインスタレーションで有名な吉岡徳仁、篠田太郎、栗林隆の3人構成。
森美術館はカメラオッケーなのが素敵です。


入場してすぐの『スノー』。
PA175950.jpg
雪に見立てた羽毛。舞ってます。
PA175953.jpg
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This 作品 is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 License.
作家:吉岡徳仁

スクリーンショット(2010-10-18 23.21.03)
実物はこんな感じで大きいのです。





『ウォーターブロック』光学ガラスを使用したもの。水面のような滑らかで繊細な局面です。
PA175959.jpg
PA175956.jpg
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This 作品 is licensed under a Creative Commons 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 License.
作家:吉岡徳仁


せっかく撮ったんだけど、写真掲載に制約があって、面倒なのでこちらの詳細な記事をご覧ください。こちら


栗林さんの『ヤタイトリップ』は、本来屋台の屋根にコケが張られているはずなようですが、私が行った時は緑のかけらもみられませんでしたけど。。。??
枯れちゃったのかな。

また、今回の展示にはないですが、篠田太郎さんの作品にはコケを使ったものがあります。
『Space camp site』というドームの中でシダやらコケやら本物がLEDのライトで育っているのですが、宇宙ステーションなどで長期滞在する際の、メンタルの観点から庭を地球外に持ち出すことを想定して作られたものだそうで、コスト面など含め、現在のテクニックで最も実現の可能性が高い方法で制作されているそうです。
スクリーンショット(2010-10-18 23.51.57)

さて、私にとっての現代社会におけるネイチャーセンスは。。。。。
いかんせん、毎日四六時中そういうことばっか考えてますから。。。すでに覚醒されているのではないかという気もしなくもないのですが。
まあ、難しい事はいえませんし、表現もできませんが日々やってるような、そのへんの雑草とかコケとかで壮大な自然旅行を提唱して実践していくのが、私の場合のネイチャーセンスでしょうか。。
ってそういうことじゃなくって?!違うか?

いや、まあ、でもそのへんの道路脇にある、自然庭園宇宙に気づかないのに、なんやかんや言えませんから。
私的には『まずはそこから』、ってところをしつこくアピールしていきます。

ところで、夜の六本木といえば、『夜景』
まあ、入場券ではいれるし、せっかくだからと夜景も楽しみます。

PA175989.jpg
超きれい~!
あまり、夜景とか興味ないんですが、さすがにこれは奇麗でしたね!
一人でパシャパシャ撮っちゃいましたもん。
PA175994.jpg
まあ、みんなカップルなんですけどね。
女一人なんて、どこ見渡しても私くらいなもんでスよ。

そして、そのままぐるーっと夜景を楽しんでいたら、中央くらいのゾーンで『google』ロゴをオリジナルで考えよう!的なコンテストが開催されていました。

小学校の部 中学校の部、高校の部。 ビビるほどにみんな上手であっけに取られていたら、「ぜひ投票を」とのことで、早速丁寧に見てみます。

いやあ、本当にイマドキのこってこんなに絵が上手なの~??っていうくらい凄くて。
写真は撮れたけど、載せちゃだめだよな~ あー見せたい!!

中学の部では、とある一年生の子が「湿地の生き物は全ての生き物につながっていて、私たちの目にはつかない所で支えてくれている存在が大好き」で絵にしたそう。←これってコケもドンピシャ。
「暗いイメージがあるが、そうでない小さな生き物の本来の姿を鮮やかに描いた」そうですが、



素晴らしいっ!!

そして、この方コケらしきものを部分的に描いてらっしゃいました。スクリーンショット(2010-10-18 0.29.52)

そして高校生の部、微生物をテーマにミジンコ的なものや、、、なんだろう、ワムシ的なものをかわいいイラストで描いてらした方。「どんなに小さな生物でも地球の仲間」

もう~ 素晴らしすぎるっ!!

他にも良いのいっぱいあったけど、みんなかわいく動物とかイルカとか、
いわゆるアイドル的アイコンなチョイス。

私はこの二人の子の渋いチョイスにすっかりやられてしまいました。
こんな子がいれば、日本の行く末も少し安心だわ、おばさんは。。。

今日の3人の展示はいずれも幻想的な世界を体感できる、それぞれの自然と人との関わりを表現した作品を堪能できるわけで、楽しかったのですが、今回特に面白かったのが、まったくもってコケと関係なく来たのに何かとコケを連想させるものがでてきたな~と。

まあ、こじつけかもしれませんけど。

秋といえば
「芸術の秋!」
「コケの秋!」

やっぱり頭の中は、今日もコケ。。。。。。



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/102-89f03725

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com