都内コケ巡り  青梅編 その2

御岳山のコケレポート、続き。

肝心のコケいろいろ。

PA196036.jpg
といいつつ、これはコケではないですが、超かわいくない? コケと一緒にあちこちに効果的に生育していて、メルヘンさパワーアップ! なんていうものですかねえ。コケ以外の植物の名前は全くわかりません。
みた瞬間、私的にはイームズドットが浮かんだんですが。。。
スクリーンショット(2010-10-20 10.25.57)
これ。これが、幾重にも重なったら、こうなりそう。

PA196051.jpg
ミズゼニゴケ科かと思われます。 パセリじゃないですよ。
かわいい縁取り部分のフリル的なものは無性芽がついているためです。あ~かわいい。

PA196123.jpg
トサカゴケかと思ったら、よくみると葉が違うっぽい。なんだろう。
PA196167.jpg
落ちてた枝にもオシャレに模様を描く方たち。

PA196227.jpg
手乗りゴケ。 
PA196191.jpg
コハネゴケ。葉が落ちて、枝だけになっているのが特徴です。

PA196251.jpg
この超かわいいポンポンは、シシゴケの無性芽らしいです。

PA196162.jpg
そして、こちらもかわいい朽ち木。コケ&きのこの仲良しコンビ。
このきのこ、私的にはパントングラデーションを思い出したんですけど。。。。
スクリーンショット(2010-10-20 10.50.00)
スクリーンショット(2010-10-20 10.49.46)

PA196136.jpg
ネズミノオゴケ。ネズミの尾です。
ちょっとグロテスクなコケマットですよ。

PA196235.jpg
たぶんヒメホウオウゴケかなんかかと思います。鳳凰の羽かなんかってことでしょうね、のヒメサイズ。

PA196141.jpg
生育場所も、葉の様子から「シッポゴケ」か? 

PA196284.jpg
PA196286.jpg
アカイチイゴケ。赤に染まる蘚類はほぼ間違いなくこれといっていいようです。
赤一位。だそう。一位ていうか、オンリーワンって感じ。

PA196053.jpg
これは、キモイですね~ おもしろい。なんでしょうね、調べてませんが苔類でしょうね。蘚類であるはずもない。
PA196109.jpg
チョウチンゴケ系の雄株とか雌株とか、そんなノリのものでしょうか。
すみません、いいかげんな事言ってますが、そのうち確認しておきます。
PA196213.jpg
これも、そんなノリのものでしょうかねえ。 右はじの。
バラっぽくて、かわいい~

PA196010.jpg
ふわっふわ。

PA196280.jpg
たいていの葉は透けているので、とっても奇麗。

相当、撮ったんですが面倒なので、ひとまずこんな感じで。
おつきあいくださりまして、ありがとうございました。

ちなみに、御嶽駅は渋い蔦の駅でした。
PA196300.jpg









スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/104-5511352c

Comment

colorfulwater

なんというバイタリティ。格好良すぎるくらいの更新です。
ちなみにミズゼニゴケの写真はホソバミズゼニゴケかと思います。アクアリウムではメジャーな存在でモスspという名前で流通してます。これ実際に見たこと無いんですよねー、うらやましいなぁ。
  • URL
  • 2010/10/20 12:37

よ2

さすが~ 水ものでもゼニゴケ使うんですねえ。 なんだかんだゼニゴケって、やっぱり可愛い!
これも、山道のじめじめした脇にひっそり生えてましたけど、なかなか華やかでした。
  • URL
  • 2010/10/22 08:55

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com