スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケ散策ツアー 清里編

京都から帰って間もなく、その週末20、21日に有給を取って山梨県清里へ。


PB207186.jpg
清里へ嫁いだ姉夫婦に会いに行くという名目のもと、実際の所はやはり「コケ目当て」。
自然いっぱいの場所ですから。上の写真は「萌木の村」に出現のサンタ一行。

母親も参加し、はて一体何年ぶりかという集まりになりました。

この二人は、私がコケ好きなのを目の当たりにするのはもちろん初。
学生時代含めて家を離れてから早、13年ほど経っている訳ですから、ちょいちょい会う事はあっても、そんな趣味の事まで報告したりはしませんから。 まあ、母親にいたっては、何かとコケ盆用の器を作らせているので、コケ玉でも作ってるのかしら?的なものは伝わっていたかと思いますし、 今回数年ぶりに姉と連絡を取って、「じゃあコケみに遊びにいくねー」と伝えてはいましたが、

が、しかし、
まさか、数年会わないうちに、一眼レフ下げて図鑑やルーペ片手に地面に這いつくばうようになっている娘、妹の姿は想像しがたい事実だったようでして、そんな私の変貌した姿には驚いたようです。  やはり、ハマッた対象物がコケというマイナーがゆえに、「なぜ?」という理解しがたいところが大きいようで、しきりに首をかしげたり、笑われたりしてきました。

最近、周りにはよき理解者達、同士達ばかりが多く、全くのコケに免疫の無い人と一緒にコケに触れる事がなかったので、一緒に楽しむ際の難しさ、もどかしさ、面白さ、驚きを客観的に再確認できて良かったです。

でも、なんだかんだいいながらも2日間「コケコケ」言ってる私に感化されて、姉も母も「あ、コケ!」
「あ、これもコケ!」って、指差して教えてくれるようになりました。苦笑 
教わらなくても見えてるよ~と思いながらも、ここにも、あそこにも、と口々に発見して行く二人。

まあ、なんやかんやいいながらも、これでもうこの二人は、町中でもコケを目にする度に私を思い出すだろう。
普及活動の第一歩は突破できたのではないでしょうか。

近くにある観光地らしい「吐竜の滝
PB217264.jpg

紅葉もほとんど終わりかけて、山はすっかりカサカサ。
初夏や春は面白そうです。

PB217313.jpgPB207187.jpg

PB207209.jpgおもしろい模様を描いていきます。

PB217304.jpg  カビゴケっぽいです。母親に嗅がせたら「何これカビくさっ」って言ってました。これも、立派なコケなんですよー 

PB217323.jpg
朝日を浴びるコケ。

PB217347.jpg  たぶん「コフキカラタチゴケ」地衣さんです。
エアプランツのチランジアに似たこの地衣さんも、これまた不思議ですね~垂れてますよ。
こんな木、都内にはないです。

そして、今回嬉しかったのがずっとお会いしたかったこの方、
PB217342.jpg
「コウヤノマンネンゴケ」さんですー。 コウヤノマンネングサ科のコウヤノマンネンゴケ。大型の蘚類で、地下茎がしっかりしているので、根が生えている普通の直物のようです。これは、落葉広葉樹の落ち葉に埋もれてもしっかり頭を出して生育できるための大型化みたいです。  
こちらは、通常のコケと違って手のひらにしっかり載せられる大きさ、もみじくらいです。

PB247402.jpg
なもんで、ルーペ要らず。

一時、流行っていた清里もこの数年はすっかり落ち着いているようで。
私も何度も来てますが、コケ目線では今回が初。実に6年ぶりにきた場所です。
PB207256.jpg

今回行くにあたって、私はマジなんだという忠告もかねて?!「コケコケ」言ってたら、姉夫婦の友人にコケマニアがいて、「マニアック過ぎて誰も相手しない」という情報を入手したので、ぜひとも紹介をしてくれと、会わせていただきました。   
普段、気安く紹介とか駄目なんですが、コケが絡めば話は別です。しかもコケ好きに悪い人はいませんから。

で、このコケ好きN取さんは、ジャンルでいえば育成派に当たる方で、人知れず職場の敷地にコケを育成して、コケ庭のように育て上げる事に取り組んでいらっしゃいました。  
写真や、観察などはあまりされないそうですが、静かなコケへの愛情をひしひしと感じました。
ご自慢の庭も、だいぶコケ面積が広がっていて、これは6月にはさぞかし奇麗だろうというかんじで。

コケ庭を作る際の造園士直伝という方法を教わり、お土産までいただいちゃいました。
PB247369.jpg『ヒメアシナガムシトリスミレ』 だそうです。
「ヒメ足長虫取りスミレ」ってことかな。そのうちひょろひょろ~っとピンクのスミレのような花が咲いてかわいいらしいのですが、食虫植物らしいです。 
N取さんは、多肉植物もお好きだと言うことで、私も多肉は家にいっぱいあります、なんて話をしていたらくださったのです!  まあ、初対面の私に、なんという。まったくコケ好きな人って良い人ばかりね。
PB247366.jpg

カメラが趣味だという姉旦那からは、私の苦手とする小難しい写真レクチャーを受け、コケを一際奇麗に撮れるであろうレンズ小道具も教えていただき、この週末も収穫の大きい休日となりました。

有給溜まりまくってますから、今後もコケ有給を消化していきたいなー。






スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/115-57583422

Comment

colorfulwater

京都楽しかったようですね、有給とりまくりで苔巡り・・・うらやましいです。
この調子で苔友がどんどん増えるといいですね。
  • URL
  • 2010/11/27 23:30

よ2

実際、とりまくり、、できればいいんですけどね。。。
でも苔が絡めばがぜん強行突破できそうです 笑
  • URL
  • 2010/11/30 00:43

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。