コケカード


夏に買った「エコパピエ」という紙すきおもちゃで再びコケパピエ。
家に帰ったら乾燥完了してました。
今度は、ポケットティッシュと半紙で。

P1288257.jpg


P1288258.jpg
裏面。

その昔、韓紙と呼ばれる紙に「苔紙」というものがあるそうで、西晋時代頃だそう。
海藻や、藻をコウゾに混ぜてすき込んでいた手法に、水苔なんかを西晋くらいから入れ始めたようです。
ちなみにコウゾは、現在の和紙でも主流の原料です。

また、和漢朗詠集 上巻には以下の記述があるようで、

へきぎよくのよそほへるしやうのことはななめにたてたることぢ、
せいたいのいろのかみにはすうかうのしよ
碧玉(へきぎよく)の装(よそほ)へる筝(しやうのこと)は斜(ななめ)に立(た)てたる柱(ことぢ)、
青苔(せいたい)の色(いろ)の紙(かみ)には数行(すうかう)の書(しよ)
碧玉装筝斜立柱。青苔色紙数行書
天浄識賓鴻 菅原文時

これは、でも色のことを言っているようで、苔入りというわけではないみたいですが、
苔紙を追っていて出てきたもので、だからなんだという詳細はよくわかりませんが、この「青苔」という表現って渋くていいなー、ぜひとも現代でも使用したいなーと。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/135-c3ccbc7e

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com