スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童書にも苔

P6214795.jpg


みんな知ってる「魔女の宅急便」
といえば、宮崎駿。
といえば、ラピュタやナウシカ、もののけ姫。
といえば、森やら自然やら。苔むした映画。

ということで、この魔女の宅急便の原作が随分と続いているようなので、ちょいと気になり図書館の児童書コーナーへ。
全部で6巻くらいまで出てました。


魔女の宅急便〈その4〉キキの恋 (福音館創作童話シリーズ)魔女の宅急便〈その4〉キキの恋 (福音館創作童話シリーズ)
(2004/03/10)
角野 栄子

商品詳細を見る


キキが大人になって、とんぼと結婚して、その子供の話もでてくるほどの長編ものだったんですねえ、ということでキキの思春期真っ盛りのその4をチョイス。

魔女の宅急便って、映画の方はそんなにサビれてないけど何気に20年くらい前なのね、、、
小学校5年か6年の音楽会で使う曲が気に入らなくて、魔女の宅急便を先生に提案しにいったっけ。
プレゼンの甲斐あり、先生も気に入って見事魔女の宅急便に変更になったんだけど、私がやりたかった「海の見える街」ではなくて、超がっかりしたな~。

という思い出話が付くこちらですが、「その4 キキの恋」は、キキがとんぼへの気持ちに気づいたり、同年代の子へ嫉妬したり、まあ思春期の複雑な心情を通して大人に近づく、という。

児童書だし、とサラサラ~っと読むつもりが、これ今読んでも存分に面白くて、意外にハマる。

そして、ちょいと面白い話に遭遇。


キキが友人の不思議な弟、ヤアくんを預かることになったとある日。
街のこどもたちの夜のお泊まり会、こども達だけでまっくらな森を通過するという儀式で、心配になったキキとオソノさんが様子を観に行くと、先が光る棒を持って、しっかりとこども達を先導するヤアくん。
おかげで、こども達は無事に儀式を全うできたのですが、キキがヤアくんに、その光る棒は何かと尋ねます。



「ヤアくん、それなあに?」
キキはききました。

「これ、苔だよ。知らないの、キキ。
これはね、地面にはえてるんだけどお月さまの友だちなんだよ。
ふだんは緑色してるんだけど、お月さまに会うとね、うれしくって光りだすんだ。だから高いとこにのぼって..........会わせたの。ぼく、森の中に住んでるからね、ちゃんと知ってるんだ」




あら、まあ。

こんなところで苔登場!

しかも、これはヒカリゴケをモデルにしているのかな。
月に合わせるなんて、まあなんともロマンチック。ヒカリゴケは太陽で光るけどね。

それにしても、でもドラえもんといい、ヒカリゴケって、なんか不思議な道具にしやすい魅力をもっているのですね~。
作者の角野栄子さんも苔がお好きなのでしょうか(原作者って日本人だったんだ、、、)


歳食ったらあえて児童書。
小難しいタメになる本ばかりでなく、たまにはこういう読みやすくて、想像力豊かな児童書は良いリフレッシュにもなりますね。探してて懐かしくて読みたいものが色々出てきました。

「ズッコケ~」シリーズとか。
そして児童書コーナーで面白いのが、ひたすら「魔法の~」「~と魔法」とかって、やたら魔法ものが多いこと。

お薦め。

そしてジブリ+苔でいえば、いまだに通勤のお供で現役中、こちらもお薦めです

the ジブリ setthe ジブリ set
(2008/07/02)
DAISHI DANCE、arvin homa aya 他

商品詳細を見る

苔むしたジャケットだけでも苔好きにはたまりません。ジブリリミックスはイケイケアゲアゲ系からjazzから色々出てますけど、これは良いです。DAISHIDANCEだし、ピアノ大事。

そしてそして、音楽会でやりたかった「海の見える街」
なんだか凄まじいリミックスがありましたので。でも悪くない、よくできとります。長いけどフルでぜひ。







スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/139-630eb729

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。