スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苔玉でセンス・オブ・ワンダー



コケ・ダ・マリモフ だそう。 苔でできてるらしいです。

か、か、かわいいいいいいいっっ!!


都心での苔巡りといえば、お薦めスポットのひとつ、以前もご紹介したことのある、場所は青山にあるお花屋さんでもあり、カフェでもあり、バーでもある「風花」さん。

PICT0391.jpg


ガーデニング界では有名な石原和幸氏、この方の苔を使った独特な手法は迫力があるモコモコ具合がとってもステキ。その石原さんがプロデュースしている風花もやはり苔屋敷なのですが、今日はここで昼ごはん。
すると、カウンターの植木鉢の影になにやら気になるパンフレットが。

手に取ってみると、ナニナニ?  コケ・ダ・マリモフ................こけだまりもふ?
なんだ?それ。 ということで、家に帰って調べてみました。何はともあれ、この動画かわいすぎる。やばい。


気に入った方は、こちらで詳細を。

「苔玉つくりで泥遊び」を提唱しているthe Green Friend Project さん。

泥遊びって、陶芸ですらそうなんですけど、何気にリラックス効果を与えるんですよねー。
ここに来て、やたら農業とか家庭菜園が流行ってるのも、そういうところがある気もします。  
そして、その泥あそびを苔を通して提唱し、地球へと意識をつなげていく活動をされているそう。


そういや、最近は公園で遊ばせない親が多いそうですね。友達の家に集まってDSやるとか。。。。。
公園行ったとしても「砂場にはとてもとても行かせられないわ!」って、前に一瞬働いてた職場のパートさんは言ってました。
猫のフンとか菌とかが心配らしい。

アホか?って思いました。

でも、しょせん私には子供がいないので、実情は色々あるんだろうし、大変だなとも思いました。
まあ、大事なのはその後の手洗いうがいを教える事なんじゃないのかな、って気がしますけど。。。


そして、こちらのコケ・ダ・マリモフ は、環境問題を”問題”として語る前にまず自然を理解し、体感し、好きになることが必要なのではないだろうか?という考えのもと、
”みどりとともだちになろう!” をテーマに生まれたキャラクターらしいです。



偶然にも、今日は「レイチェル・カーソンの感性の森」という、ベストセラーの「センスオブワンダー」を元にした映画を観てきたのですが、この方が提唱していることばとリンクしています。

「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないのです。―レイチェル・カーソン



センス・オブ・ワンダーセンス・オブ・ワンダー
(1996/07)
レイチェル・L. カーソン

商品詳細を見る



本ブログは、来客が僅かではありますが、
それでも読んでくれる方はたぶんきっといるわけで

それで、多少なりとも皆様は、苔話につき合ってくれるだけあって、他の人よりもさらに「センスオブワンダー ~ 誰もが生まれながらにして持っている、神秘さや不思議さに目を見張る心~」をお持ちの方なんだろうなーって思いました。  しかも苔はこのへんの感性を高めるには手っ取り早い題材かと。なんせ、極めてミクロですし。
やはり苔は大事だ。


いつの日か、自分のこどもには、泥まみれにして、ちゃんと「センスオブワンダー」を持つ人間にしよーっと!
と、超気が早い、全くの未定なる子育てへ思いを馳せてみる。。。。

とりあえずは、一緒に苔観察したときに「かあちゃん、つかえねー」と言われないように、せっせと学習しとこうと思います。






スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/147-eff15f5c

Comment

The Green Friend

マリモフを気に入ってくださって、
さらには、
Green Friendのコンセプトもご理解頂き嬉しく思います。
Green Friendの和田です。

苔玉との出逢いは浅いのですがその魅力にひかれて活動しております。

「レイチェル・カーソンの感性の森」、
知らなかったのですが早速今日にでも観に行こうかと思います。

今後ともよろしくお願い致します!!!

よ2

コメントありがとうございます。
フォローしたのを辿ってわざわざお越しくださったのですよね?!
いやあ、恐縮です。 よろしければまたぜひお立ち寄りください。
今後のご活躍を期待しております!

  • URL
  • 2011/03/04 00:04

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。