スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケリスペクト2 ー東電とコケー

連休あけで、だいぶ営業を再開した会社が多いものの、
閉店が早かったり、引き続き休業していたり。

ブログやメルマガをストップしているところも多く(仕方がないけど)、
かといって、これでは経済も気分も停滞してしまう、と別の心配も持ちつつ、

企業でなく、責任もない私のような呑気日記くらいは、自粛していても仕方がない、
せめて回転よくしようかなーと。
まあ、私が更新したところで経済が良くなる訳でもないのですが。

とはいえ、色々気になる事も多い日々。
暖を取れずに寒くて震えているのか、本当に揺れているのかもよくわからん毎日ですが、こんな時でも
「コケ」に触れる事で改めて再認識する、ちょっとだけ気が和むコケの技。



久しぶりに「コケの手帳」を読んでいると、、
『放射性物質』を取り込む強者なコケの話が。

何度も読んでいるし、重金属をコケが取り込む事は重々承知している。
夏にも金を取り込むヒョウタンゴケが話題になったし、銅に耐性のあるホンモンジゴケは、観察会の度にもてはやしているし。

なので、特段驚く事ではないのですが、でも今は「やっぱ、キミは凄いよ!」と心からコケの存在を賞賛せずにはいられない。この本に書かれている研究が実際のところ、今どうなっているのかはちょっと見つける事はできませんでしたが、もしかしたら、今後改めて注目される事があるかもしれませんね。
何か進展してればいいなあ。

P9295592.jpg
ホンモンジゴケ1

P9295595.jpg
ホンモンジゴケ2

P9295612.jpg
ホンモンジゴケ3

P9295614.jpg
剥がされホンモジゴケ4

ちなみに青森の「日本原燃」では、苔のモニタリング使用については実施されていないようですね。→こちら


コケ工業廃水浄化システム自体も完全には確立されていないので、放射性物質やらまでは少し先の期待ではありますが、
有害ないろいろが自然のもので浄化できるのであれば、それはとても素晴らしく、その可能性として重要なキーの一つを担っているのがコケだなんて、なんだか嬉しい。
やはり、知らず知らずのうちに人間はコケをはじめ、多くの植物や菌、藻などに助けられているんですね~。


【金を取り込むヒョウタンゴケにまつわる資料いろいろ】 

・RIKEN NEWS

WIRED VISION

気休めだけど、福島がコケだらけになりますように。。。。
ちなみに、このへんの事を色々検索してたら『コケ玉を作ろう!』という催しを当の福島原発で過去に開催していたようです。。。。。。



さて、情報が多くてありがたい現代ですが、逆に多すぎるという難点もある今日この頃。

「福島原発の放射能を理解する」という、こちらの説明が良いようです。

とはいえ、やっぱ一回二回読んだくらいではわかりかねますけど。。。もう少し読まないと。










スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/152-0836f457

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。