スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敷居が高い西芳寺

DSC00642.jpg


今回の京都再訪の目的は、京庭の最高峰「西芳寺」

「苔寺」としても、名高いこちらの名庭。
でも、もとは石庭だというから驚き。



西芳寺は応仁の乱(1467-1477)で焼失。江戸時代には2度にわたって洪水にも見舞われて荒廃した。元は枯山水であった荒廃した庭園が苔でおおわれるのは江戸時代末期に入ってからのようである。すぐそばに川が流れる谷間、という地理的要因が大きい、とされる。



江戸時代に入ると、苔を愛でる習慣が定着したようです。
とはいえ、大事にとっておいたところで、ここまでモコモコと埋め尽くされるのは、やはり京都ならではの環境がゆえの集大成なのでしょうねえ。
山に囲まれた盆地、京都は湿度も胞子提供など、コケの育成に事欠かない相性の良い環境が揃ってます。

周囲から畑の土ぼこりと甲州街道、東八道路の排気ガスは降り注いでくる我が家とは大違いですね。

さて、高額な拝観料とイマドキ往復ハガキでしか予約をとれない敷居の高いこのお寺。
しかも割当の時間はたったの90分。
しかも写経込み。

時間がなさ過ぎる。。。
とりあえず、クオリティも無心もへったくれもない、とにかくダッシュで写経を終わらせよう!
そう、意気込んで望みましたが、なんだかんだ20分はかかりました。

「高すぎる」と言う人が多いし、最初は私も「お高くとまり過ぎじゃね?」そう思ったけど。
京都の拝観料の平均が700~800円と結構安くはなく、しかもいつも常に人が溢れている。
写真とるのも何かと邪魔だな~とつい思ってしまう(そういう私も一度しゃがみ込んだら、しばし固まるので邪魔なはず)

それを考えると、3000円でじっくりのんびり、人を気にせず苔を愛でる事ができるので、これは高くないな。と思いました。しかも写経もできます。
今回は時間がないので、ダッシュでしたけど、本来は写経ができるのも貴重な体験。
金閣寺では、たしか1000円くらいかかってた気がします。

そういえば、今回おバカな老夫婦が、柵を超えて苔の上をずんずん、荷物も苔の上に放って、さらに奥までずんずん。
夫婦で、タイマー撮影をずっとしておりました。

あまりに、悪気もなく、ずっとなもんで、
思わず「そんな所入って、大丈夫なの?」ってイヤミを込めてお声をかけましたところ、

「大丈夫じゃないですぅ、いけませんよぉ~。 知ってますぅ~。知ってて入ってるのぉ~~~」

と、ぬかしやがったので、
観てみぬフリをしようかと思いましたが、これ聞いたら「ブチっ」っと。
 
あんた、誰?って自分でも思わず疑問でしたけど、しっかり注意させていただきました。
こちとら高い金払って楽しんどるんじゃい。
稀なマナーを守れぬ人らの為に、今日の時間を無駄にさせやしない!と思ったらさ~。
もう立派なオバタリアンだ。


時間が許すのならば、もっと写経や読経、散策とひとつひとつ味わいたかったのですが、、、ん~いかんせん時間が短すぎる。


DSC00645.jpg


DSC00648.jpg

ところで。。。
雨の中、濡れながら何とかカメラにおさめたものの、途中で気づきました。
なんか、写真が全部おなじ。。。。。

広角レンズと腕が欲しいところですが、苔庭の圧巻ぶりは写真では収まりきらないスケールだと、
そういうことです。


DSC00649.jpg


DSC00657.jpg


DSC00674.jpg

DSC00695.jpg


DSC00700.jpg
京都は、お寺以外の普通の住宅街の木であっても、地衣さん密度が高くて、凄かったです。
うらやまし。

P5100050.jpg


P5100055.jpg


P5100058.jpg


P5100074.jpg

P5100077.jpg


P5100087.jpg


P5100096.jpg


P51000822.jpg


最後は駆け足にて散策。
慌てて戻ったらもう荷物は私のだけ。
「もう、お前さんだけだよ」そんなクールな視線を背後に感じつつ、
名残惜しさを思い切り残して寺を後にしました。

また、来るもんね。





ついでにモノクロ。



DSC00661.jpg



P5100078.jpg


P5100082.jpg


P5100084.jpg


DSC00693.jpg







スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/168-528e7b9a

Comment

お姉ぇ

モノクロ写真は雪みたーい
きれいやね
  • URL
  • 2011/05/26 21:07

よ2

最近プチブームのモノクロで思い出したけど、20年前の野川公園モノクロ撮影会の写真ってそういや見てないが、どうなったのか。。というのを思い出したよ。なんかあの時からすでにおもちゃとか使ってたおぼろげな記憶もあるが。。
  • URL
  • 2011/05/26 22:13

お姉ぇ

そういやそうだね。
野川公園、、懐かしい。 行きたーい。
グラスに雫とか付けて写真撮ったような。。
  • URL
  • 2011/05/28 12:41

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。