鳥取でコケ観察

P7090405.jpg

6月からかつてない忙しさでもみくちゃのここ最近。
そんな中、7月9日に義兄が結婚するということで旦那の実家である鳥取へ7年ぶりくらいの帰省。
結婚後、最初の夏に一回行ったきりの二回目、じつは。 てへっ。

だって、旦那とは夏冬しか休み合わないもんで、そんな時くらい好きな所に行きたいしぃ。
って、していたら全く帰ってこないということで、きっとさぞや悪名高き嫁のレッテルを貼られているのではないかという、不安を若干持ちながらのドキドキ帰省。

日本の中でも人口密度が極めて少ないというらしい鳥取。
鳥取出身の人は今の所、旦那くらいしか私もお会いしておりませんし、観光地の話題でもあまり話に登場しない地味な土地。
『梨と砂丘でしょ。』
くらいのイメージしかない、鳥取。

ところがどっこい、鳥取は素晴らしくコケむした、コケ楽園。
数年前にはコケフォーレも鳥取で行われ(今年は長野。行きたかったのに)、「コケ」をキーワードに売り出して行こうという試みもあるようです。
ということを、前に知って「あら、やだ灯台下暗し」と、密かに温存していた鳥取でのコケ観察会を今回せっかくなので、遂行することにし、がぜん帰る気満々になったわたくし。
いやあ、コケ好きで良かった。
(いやもしかして、コケ好きになることを自ら予兆しての旦那チョイスか?!)

ちなみにどうでもよい余話では、私と旦那さんは同性です。
私は旧姓もよ2であり、今もよ2のままなんですねえ。今の所、結婚しても名前が変わらない友人知人は周りにいません。



さて、そんな鳥取のコケ。
まずは、旦那の小学校。現在廃校。
DSC00823.jpg

P7100495.jpg
アマガエル? 発見。超ちっさい超みどりのかわいい子。
初めて見たかも。

P7100502.jpg
ここにも。

P7100501.jpg
最近認識した錆フェチの錆チェック。

P7100500.jpg

DSC00826.jpg
モコモコモコモコモッコモコ。


地元の人は見向きもしないらしい子守り神社。

ここは、ほたるの街らしい。
DSC00835.jpg
ほたるの街灯。でもキャップかぶった変な顔にも見える。

P7100507.jpg
脇の川からモヤ?霧?凄まじい湿気が。

P7100510.jpg
これが子守り神社でございます。なかなかの趣き深さ。

P7100517.jpg

緑一色。目が良くなりそうなくらいのグリーンっぷり。
階段は、もはや元の素材がわからないくらいコケ絨毯で埋め尽くされており、登るとふかふか。
ジャゴケの苔類ベースに色々な蘚類がミックスした階段です。

P7100521.jpg
こんな。

P7100572.jpg
P7100573.jpg
地衣も大量満載。これは、雪の結晶的なちょこんとしたへばりつき方でかわいらしいなあと。

P7100522.jpg

階段を登りきるとこんな洞窟のような岩壁が。
この中にも、大量のシダやら大型のコケやらがわっさり、もっさり。
上からは水滴が滴り落ちて、ときどき背中に入ってきました。暗いので写真がボケたのばっかで載せらんない..

P7100538.jpg
チョウチンゴケ的なものかと思います。たっぷりと水分を含んでバッチリ花開いております。
ので、花束に。

P7100539.jpg

いいねえ、鳥取。人いなくて。

P7100514.jpg

ホウオウゴケとかネズミノオゴケとか色々混ざった「コケの総合商社か!」的な木。

P7100505.jpg
P7100556.jpg
ゲジゲジなかたつむり。

P7100566.jpg
長っ!
北海道のたんぽぽは気持ち悪いほどお化けたんぽぽ。なのと一緒なのか、ゼニゴケの育ちも良すぎる。

P7100570.jpg

そして、なぜかこのへんのゼニゴケはみんなほんのり紅色に。
枯れ始めてる、といった感じよりは晩秋のヒメジャゴケ的な色にも似ているけど。傘の端がピンクでかわいらし。

P7100550.jpg

P7100576.jpg
やはり、緑。異次元空間です。

P7100587.jpg
P7100590.jpg
P7100591.jpg
近くの滝までの道路にて。
サワゴケかなあ。一匹、干涸びた親父似の朔発見。サワゴケはタマゴケ科なので、同じような目玉っぽいのをつけるようです。

ここまでで、まだ朝の8時くらいだった気が、、この調子だとまただらだら続きそうです。
さすが鳥取。ど田舎です。

DSC00863.jpg
これくらい、田舎。






スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/176-812bac49

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com