鳥取でコケ観察 午後版

基本的に鳥取はそこいら中がコケだらけな印象で、実家の庭でさえも興奮するコケっぷり。
7年前に新築したらしく、きれいな家なんですが、意図せずともあんないっぱい色々とコケ自ら住み着いていただけるとは、我が家とは雲泥の差。羨ましい。

そんな感じなので、何処行っても楽しめるとは思ってましたが、逆にどこに行くかで途方に暮れてお宝をみすみす見逃しそうだなと思ったので、事前に色々手を打っておいた博物館にて情報収集。
結婚式終わって直行したので、夫婦揃っていわゆるそういう恰好のまま。
なにやってんだろうか。 必死。
お世話になったAさんは、気持ち若干引いていた気がします(笑)
でも本当にお世話になりました。この場も借りてお礼申し上げます。 

今回は一日しか使えないので、お薦めだという子守り神社、水道谷、栗谷、樗谿という軽いハイキングコースを巡ってきました。次回はぜひもっと山の方に行ってムクムクゴケ探索をしたいなあ。


P7100593.jpg
P7100595.jpg
P7100594.jpg



P7100582.jpg

P7100586.jpg
P7100529.jpg
P7100523.jpg

P7100633.jpg

P7100608.jpg


P7100611.jpg
この広く一面のコケ絨毯は、なんと

P7100613.jpg
ホウオウゴケ科の面々。ホウオウゴケのデカいマット、珍しい気がします。あんまり観ない普段。

P7100616.jpg

ここにもカエルちゃんが。水がしたたる神社にはホウオウゴケの群落と沢山のアマガエルが。
なんかこのトリオは、夏って実感する組み合わせですね。

P7100624.jpg

輝くホンモンジゴケ。

P7100684.jpg
縄目に沿ってオシャレに棲み分け。

P7100677.jpg

ミニクモの巣発見。主は逃げた。

P7100675.jpg
P7100688.jpg
P7100600.jpg
P7100602.jpg

P7100708.jpg
待望のコマチゴケとついに対面。ってこれで良いんだよなあ。。?!違ったらどうしよ。
コマチゴケは西南よりに生育しているようで、関東近辺ではなかなか難しいかと思う、私の中では高嶺の花的な一苔。その名のごとく、小野小町から命名された名前にふさわしく(?)つやっと丸みがある美人ならぬ美苔さん。
苔類です。 
この3つの谷を選んだ理由の一つが、これの大群落があるということだったんですが、 とはいえ、
私が見つけたのも手のひらにも満たない群集。
しかも草や他のコケ、クモの巣の影になっていたところをかき分けてだったので、結構見落としがちな気もしましたが、感度が抜群だったのか、コケの方が相当頑張ってお知らせくださったのか、まあ無事ご挨拶できまして何よりです。

そして、嬉しい対面といえば、こちらも。

P7100645.jpg
イチョウウキゴケちゃんです。

この子も兼ねてから、熱烈ラブコールしていたコケの一つなんですが、なんせこっちには田んぼが皆無なもんですから。神奈川とかの田んぼにもいる可能性もありますが、知らない駅降りて田んぼ探すのって、けっこう難易度高いし。 鳥取なんて見渡す限りの田んぼなのだから、ウキゴケも見られるのでは!と期待していたのです。

*イチョウウキゴケ....環境省のレッドリスト(日本の絶滅の恐れのある野生生物種リスト)で準絶滅危惧種にランクされているコケ。イチョウのような形をしており、葉の裏には鱗片が密生。

鳥取、たしかに田んぼはいたるところにあったのですが、水を抜いているものが多く、水入りのものをまず探し出すところからスタート。
P7100647.jpg
一際やけにウキクサが水面に浮いている田んぼがありまして、そこで見つけたのです。
が、しかし水面にはウキグサのみで、この田んぼを一周してやっとこさ、角の淵の土の上に数枚あるのを見つけたくらい数は少なかったのです。

P7100648.jpg
一緒にウキゴケも発見、「わーいわーい!」 とワイ(Y)ワイ(Y)小躍りをしていたのですが、こちらはどうやらコハタケゴケのようです。ウキゴケ科なので、間違いではないですけど。

P7100650.jpg
広い田んぼで一周、苦労して見つけたわずかなイチョウを水面に浮かべてみる。


そういえば、コケじゃないよ注意報でよく登場するものには、地衣類の他に藻類があり、
イシクラゲも紹介されていたりしますが、だからといってじゃあその辺にあるかっていうと無い気がします。
P7100496.jpg
そんなイシクラゲも発見。藍藻で食用にすることもあるとか。これ見るとちょっと食べたくないけど。







スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/177-a65fedb2

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com