苔グッズいろいろ

東京も最近すっかり寒くなってきましたよ。

必然的に風呂に浸かる頻度もあがります。
そんな中、良いものを発見しました。

コケ好きさん必見、究極の癒しグッズ?!

PB111894.jpg

ジャン!

苔オイルと苔お香。

そして

練り香水。その名も「苔」

PB242106.jpg


オイルはバスオイルで、乳白濁します。
気になる成分は、苔類の油体。。。。。。ではなく、アボカド油とかホホバ油とかを混ぜて「苔」をイメージした香りにしたというもの。

苔類には「油体」という、細胞の中に油分(?)があるのが、特徴の一つらしいのですが、何かの役にたてばいいけどねえ。テルペノイドや脂溶性芳香族化合物が多く含まれているそうです。
「芳香」というくらいですから、何か転換できそうな気もしなくもない。。?!
ジャゴケの油体から抽出したジャゴケの香り(つまりドクダミ臭)のするまさに「苔(苔類)オイル」とか、全く癒されないし、肌への影響はどうなんでしょう~ ちょっとウゲって感じかもしれませんね。

カビゴケの香りのするバスオイルとかは、ちょっと使ってみたいかも。森林浴している気になりそうです。

実際の香りは、良い香りです。 よくある入浴剤の「森林系」にかすかにマスカットとかそういう爽やかなフルーツのような香りもありつつ、、、、みたいな感じ。ん~ まあでも「グリーン!」ってイメージ。

渋いよねえ、「苔」に着目する香り。
このシリーズで「禅」「墨」「苔」と、一回使い切りタイプの入浴剤もあるようですが、それは探したけど販売店が見つかりませんでした。人気なかったのでしょうか。さすがコケ。人知れず現れて、静かに消えて行く。

練り香水の方は、「つばき油と苔をイメージした香りを配合した大変贅沢な練り香水です」だと。
なんか、昭和の化粧品の匂いに似てます。もしくは、おじいちゃんの香り。

さて、お香の方は、「京都の禅庭、苔で覆われている石などからインスパイアされた」ものだそうで。
主な香りは「オークモスとベルガモット」

さて、このオークモスとは、なんぞや。

アロマ界では、結構メジャーな香りのようで、抗菌力のある、生命の根源を垣間見るような、深い落ち着きのある香り、 全体を調和させたい時や人間関係の構築に良いらしい。

その成分は「苔の全草から抽出した」なんてなっていたりして、もしや本当に油体から?なんて思ったら。。
やはり一般的には混乱があるようですが、要は「コケでないコケ」つまり「地衣類」である「ツノマタゴケ」が正体のようです。
実生活の生かされている「コケ」というのは、たいてい地衣類のほうで、コケ植物が使われる事はほとんどないですねえ。ミズゴケ以外。
地衣類って、その存在を知らない人も多いですけど、知らぬ間に染色に使ってたり、香りに使ってたり。
北欧での「コケーキ」も地衣類を砂糖で煮詰めてスイーツにするらしいし。
結構身近ですね。自分が知らないだけで。


秋の夜長、苔風呂に長々と浸かりながら、苔とか禅の本を読み、
風呂上がりには、苔のお香を焚いて、図鑑をめくる。。。。。  
今までのバタバタ時間を取り戻すかのごとく、ゆっくりコケとともに療養中。 
日中観察とかしたら、フルコースですね。すげえ、キモい(笑)



さて、先日アップしたちょっと不謹慎な記事は即効捨てました。
普通、なんか要らぬ事や間違いに気づいてもめんどくさいから教えてあげたりとかしないもんですが、わざわざ教えてくれたりするのってありがたいと思います。
この場を借りてお礼申しあげます。



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/196-a5feb643

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com