スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地衣類つれづれ その1

今週は、コケじゃないコケ、地衣類の話しをシリーズでお送りします。





P8201066.jpg

菌類と藻類が共に依存し助け合う不思議な共生生物。
怒られそうですが、「ハガレン」的にいうと『キメラ』、「ドラゴンボール」的にいうと『フュージョン』なようなイメージとでも言って良いのでしょうか。。
って全然、違うよね。。。

外見だけではそんな構造は露程も分からぬ相互関係は、夫婦のようなカップルにも、「win-win」関係のビジネスパートナーとしても見れるような、ないような。。
菌類は光合成できないので藻類の力をかりてるわけで、何がどのようにして二人はこのような協定を結ぶ出会いに至ったのでしょう。ちょっとしたロマンスを感じます。

地衣類に興味がある方はコチラへ→


庭や盆栽で使うような植物の方のコケ(=蘚苔類)好きは、
地衣類、キノコなんかの菌類方面も合わせて「萌え~」な人が多いため、巷の地衣グッズ、地衣情報にも思わず目が血走るものです。

ところが、都内ではシミのようなタイプでしか確認できない彼ら。
はたまた日常生活でまず使う事がないせいか、「地衣類、ご存知ですか?」と問うてみた所で、私の周辺で知っているという人はまずいないのです。



少し前、お会いするのは二度目のある方から突然に一冊の本をいただきました。

RIMG123.jpg


ジョン・ウィンダムの「地衣騒動」
初版はなんと1969年! かなり古いのですが、いただいた本は恐ろしく状態の良い綺麗で完全な状態。
初対面の時、ほとんど接触はなかったのですが、自己紹介でのコケ好き連呼が効いたのか。。
二度目の時に「コケの人だよね?(コケ好きって言ってた人だよね)」ってことでご用意くださった模様。
何とも非常にありがたいというか、感激しました。
しかもこんなレアな本を教えてくれて。どこで棚ぼたが来るかわかりません。アピールしてみるものですね。
この本なんせ、アマゾンにも出てきませんから。

大まかな話しは・・・・

========================================================================

地衣類(ライケン)の中に人間の新陳代謝を遅らせるものがあることを発見した生化学者のダイアナが、人間の寿命を、2倍にも3倍にも引き伸ばすことを可能にする方法を開発するのですが、その実用化を巡って色々と出てくる諸問題をどうするか。。。という騒動を描いたイギリスSF。

========================================================================

「永遠の美を」とか「不老不死」だとか、映画でもよくありそうなネタですが、
長寿を実現する薬ができると、"どのような社会的影響をもたらすか"、という現実的視点からの展開はこの手のテーマでありがちなストーリーとは違い新鮮です。しかも「地衣類」を題材。
古いのに新鮮です。
そもそも、今でもマイナーなこの地衣類を半世紀も昔に、本に書こうなんていう発想が凄くないですかね。
日本の地衣類学会がいつ設立されたかわかりませんが、大会の経路を辿る限り、
比較的新しい印象を受けるので、ウィンダムの発想力、目の付けどころは素晴らしい。
1960年代の日本で、果たして地衣類にハマってた人って、どれくらいなんだろう??

それ以前に、これが日本の小説だったら「ライケン」でなく「コケ」ってしちゃってややこしい誤解を生みそう。

「若さの維持」
地衣類だと、本当にそんな効果を抽出できるんじゃないかとつい思えてしまう。

古い本で、しかも海外ものなので、登場人物の口調や、いちいちまどろっこしい会話は慣れるまでなかなかイラっとさせられますが、次第に慣れてきて、さらに何回か読み直す事ですっかり気にならなくなりました。 
古本屋などで見つけたらぜひ読んでみてください!


ところで、人間の新陳代謝を遅らせられるかは知りませんが、
コケ植物の成長を阻害する物質は実際に発見されているようです。

地衣類の多くが樹木にへばりついているのですが、この物質のことや、ただの偏見じゃないのか?っていうものにより、しばしば地衣類は「樹木を保存する」という観点においては、非常に嫌われ、疎まれたりもしています。

次回は、そんなお話です。




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/218-8e9745a5

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。