スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山にプチ遠征

富山博物館

先日、GWが終わってからを見計らって、慌ただしく富山へ。

富山

富山市科学博物館でやっている「コケの世界へようこそ」。
コケ展だけで二時間近く居座ってましたが、誰一人もこのゾーンには近づいてきませんでしたので、貸し切り状態でじっくり楽しめました。
題材がコケなんで、展示が地味になってしまうのは仕方がない。

興味もない人がいきなりこの空間に来ても、なかなか実感できないかもしれませんが、コケ好き目線からすると、なかなか普段触れる事ができない資料やら展示物やらでわざわざ来た甲斐がありましたよ。

クイズ形式にしてあったり、写真と文章を見やすくパネルにしてあったり。
バラエティに富んだ内容で、楽しみながら学べるよう色々工夫されているので見応え満点。

主な展示内容はカテゴリー別に
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
・コケのテラリウムを楽しもう
・コケってなあに?
・世界のあちらこちらに
・高山のコケ(高山~亜高山~産地~低地の人家近く)
・コケ界のナンバーワン、スーパースターナンジャモンジャゴケ
・あなたの干支のコケ
・コケトピック
・利用されるコケ・コケと動物
・世界一大きなコケ、小さなコケ
・10倍に世界、100倍の世界
・コケと人
・○×クイズ10問
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんな盛りだくさんの内容を動画やDVD、模型や沢山の写真を使って展示してあるのです。
もちろん顕微鏡も。

ちなみに干支コケは、ちゃんと12種類設定されてありました。
【ネズミノオゴケ、オオトラノオゴケ、オオミミゴケ、フトリュウビゴケ、ジャゴケ、イクビゴケ、ナガヒツジゴケ、ウマスギゴケ、タカサゴサガリゴケ、ホウオウゴケ、イヌムクムクゴケ】

「牛」だけメモ撮り忘れて、写真もここだけなぜかなく。。。なんだったっけ?

→追記です。さっきわかりまして丑年は「アナナシツノゴケ」だそう。日本のツノゴケ類の中で一番大きな胞子体を作るとか。それが牛の角を思わせなくもないか、というところから連想したようです。

しかも「イヌムクムクゴケ」って「犬むくむく」だとばかり思っていましたけども、「イヌ=否いな」であったんですねえ。つまり「ムクムクゴケじゃないよ」って。だから「ムクムクゴケ」とは科が違うんですねえ。
名前が似てるのになんでだろうって、そういえば疑問だったのを思い出しましたよ。
たしかに、「犬むくむく」じゃあ、あまりにも可愛く名付けすぎですもんねえ。

ちなみにこの博物館、普通の展示も超面白い。
全く時間がなかったので、ほとんど観れなかったのですが、「ダイヤモンドダストを作れる部屋」というのがありまして、ダイヤモンドダストができる行程を見たり、自分で作ってみたりできるのです(ボタン押すだけ)
ダイヤモンド
これは、MYダイヤモンドダストです。
これがねえ、凄まじく綺麗なんですよねえ。

また、富山といえば立山!なので、そちら方面にも。
しかも、立山にはヒカリゴケスポットがあちらこちらにあるというし。

富山3
しかし、なんと立山はいまだ真冬まっただ中!5月も半ばにさしかかるというのに!

室堂4
弥陀が原もこの有様。湿原はいずこ。
大谷2
有名な雪の大谷
大谷
この日の高さは15m
murodou

もちろん室堂は雪一色。
一面雪。

室堂5

雪



入り口

雪道

雪山

雪だらけ。

mikuri.jpg
みくりが池も雪だらけ。

murodou

もちろん、ヒカリゴケスポットである洞窟も埋まっているのか、見渡せど雪しか見えない。
看板、案内図も埋まってますから。
全然人がいなかったので、こんな雪原を一人で漂っていると、どこまでも制限されることなく行けてしまうので、遭難しても全く気づかれなそうな危機を感じ、それでもやっぱり見つからないので残念ながら断念。

いやはや、6月までは雪が残っているのは知っていたものの、ここまでだったとは。

室堂
rakugaki
ここにも、やはり落書きが。

ただ、こんな雪山のパノラマを軽装で体感できるのは凄い!一見の価値有り!
雪だらけとはいえ、結構テンションあがってしまい、滞在時間を伸ばしたくらいです。

一人
それにしてもこの日、立山に一人きりで来る観光客なんざ、私以外は誰一人もいませんでしたね。

gakusei

標高2450mにも関わらず制服姿と強者な修学旅行生たちも。

今度はちゃんと溶けきった、立山本来の姿とヒカリゴケを見にまた来たいな~

P5093603.jpg



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

まとめtyaiました【富山にプチ遠征】 from まとめwoネタ速neo

先日、GWが終わってからを見計らって、慌ただしく富山へ。富山市科学博物館でやっている「コケの世界へようこそ」。コケ展だけで二時間近く居座ってましたが、誰一人もこの
  • 2012/05/19 03:33

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/225-bf8191da

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。