ゼニゴケのはなし 2

最近、諸事情により造園や植物やら色彩なんかの勉強をかじれる程度ですが、通う機会ができまして、早朝から一日中、毎日ハードにやっております。
で、先日の職人先生の座学授業でのこと。


「コケというのは、蘚類、苔類に分かれます。苔類というのはゼニゴケとかが有名ですね、これはね、よく便所の周りとかにべちゃべちゃってはえてるやつで、便所はね、チッソが多いしね、いっぱいはえるんですよ。退治するにはお酢が良いんですよね。 コケレスっていう薬もありましてね。・・・・」


先生は、現役の造園関係の方なので、どちらかというとアンチ苔類派になるわけです、きっと。
基本的にガーデニングなんかでもジャゴケやゼニゴケは嫌われ、お酢やコケレスを使って暗殺されがちです。


『先生、ツノゴケ類もぜひ。 あと、お便所付近のチッソ含有率が高いところにいるゼニゴケなら、ヤワラゼニゴケの可能性も高くないですかね、それだったら確か絶滅危惧種だった気がするんですけど。。 しかも、最近ゼニゴケから医薬品をつくれる成分が発見されて、スーパーゼニゴケ生産が始まるので、そんなにゼニゴケを邪見にした講義をしなくてもいいのではないかと。。コケを知らない皆さんが誤解しますから。。』



とは、もちろん言いませんでしたけど。
「コケ好き=コケ玉、コケ庭好きです」くらいにしか思ってないだろう先生が、まさか生徒からこんな生意気な反論されても怖いだけですし。

ちなみに、ご存知の方も多いと思いますが、ゼニゴケから高血圧予防などに効果がある医薬品原料を量産できることを確認した、というニュースが4月ごろに出たのです。
この医薬品原料は「プロスタグランジン」というそうで、植物からの生産は初だそう。
その辺にいるゼニゴケでは「プロスタグランジン」はできないのですが、「プロスタグランジン」をつくれるゼニゴケを新たに作ることに成功したとのことです。

その名も「スーパーゼニゴケ」

しかも、ゼニゴケは二酸化炭素の吸収率が高いことから「環境産業」としての期待度もかなり高いようです。

なんてことでしょうねえ。
かつて、人間たちから嫌われてさんざんコケにされ続けてきた苔が、まさか人間を救うのに一役買うことになるかもしれないとは。





講義の話しに戻りますが、もちろん、お客様あっての造園業なので、苔類をメインにした庭づくりの需要などあるはずもないのです。
どちらかというと逆で、どうしたらそれらを無くして大事なMY草木を綺麗に見せるか、なのでしょう。
ツノゴケ類なんて知らなくても良い事だし。

でも、緑が好きな人たちがこれだけ集まっているのにも関わらず、コケに関心を持つ方も知っている方も皆無のこのクラス。 【苔類=悪いイメージ】で覚えてしまうにはもったいなさすぎるではありませんかね。
これから幾多の庭作りやコンテナ作りで絶対見かけるであろう、コケのことを少しでも知っていれば、それを使おうが、殺そうが、楽しみが絶対に違ってくると思うんだよな~ おおげさ?





仲良くなった子と話していて気づいたのですが、私がいくら「コケ好き」といったところで、山や地方に一人で出かけて行ったり、地面に這いつくばっていたり、カメラ買ってみたり、顕微鏡がないと愚痴ってみたり、なんていう行動は、まったくもって想像の範疇を超えているようです。普通は。

幸運な事にも様々にディープにやってるコケ友に恵まれた私は、感覚が麻痺していますが、
ごくごく一般的な感覚では、コケ屋さんの存在はおろか、コケ好きの活動内容は全くの異次元の話しで想像もできないそうです。
そもそも、コケの存在を認識したことがないというのですから、それは仕方がないことなのです。
どこに魅力を感じているか、何をどうやって楽しんでいるのか。
同じ植物好きであっても共有できないことも当然あるわけです。

と、いうところで、

これから数ヶ月の間で、どこまで私が皆さんに普及活動を全うできるか、かなり燃えます!








スポンサーサイト

Pagination

Trackback

まとめtyaiました【ゼニゴケのはなし 2】 from まとめwoネタ速neo

最近、諸事情により造園や植物やら色彩なんかの勉強をかじれる程度ですが、通う機会ができまして、早朝から一日中、毎日ハードにやっております。で、先日の職人先生の座学
  • 2012/06/12 00:16

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/229-72067700

Comment

お姉え

霧吹きもって行ってお昼休みにでも
シュッシュすれば?
  • URL
  • 2012/06/13 00:16

よ2

コケが近くにない&皆さんほとんど外に食べに行っております。
  • URL
  • 2012/06/13 19:10

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com