スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしいドラマとか映画とか



コケとは全く関係ないのですが、好きなのでそこについつい目がいってしまうんです。という映画とかドラマをピックしました。
自分では選ばないようなものを観たい場合にこういう探し方もあるかもしれません。

年末年始にぜひ。
面白かったものもあれば、微妙なものも。



★「北の国から 2002 遺言」
言わずと知れた名作。10年前なので、コケのシーンは記憶の糸を辿っても全く辿り着かず、学会行った後に久々みました。やっぱり普通に面白い。 純が牧場潰して借金返さず、羅臼でのらりくらりとする回です。内田有紀とヒカリゴケデートをして、という僅かに一瞬だけコケも出てきます。が、その現場を誰かに観られた事で不倫だという事実が発覚し、進展していくので重要といえば重要?!。
この時の洞窟は、私が行ったときとは違って囲いがなく広々。



★スケバン刑事Ⅲ 
ドラマの方です。モチロン。スケバン刑事は超ハマりました。私は二代目ナンノ派です。
近所の文房具屋で姉がヨーヨー買って、斜め投げの技を修得してたっけ。
警官の紋章?はただのボール紙でがっかりしたっけ。 
家族で映画も観に行ったっけ。
風間三姉妹時代は、そんな好きじゃなかったけど引き続き観てて、この時に唯がコケを食べてるシーンを観て、「あ、コケって食べれるんだ」と思ったんだっけ。
それを無意識に引きずり続け、コケが好きだと自覚してから、このシーンが気になって気になって。
遥か大昔、小3とかに観たきりのうろ覚え。
何話かもわからんし。再放送もないし。。。確か最初の頃の話しだったような。。 
ネットで調べても、古いドラマなせいか、この話しに関して全く出てこない!ということでついにレンタル。
全42話中の2話目。結構重要な回です。
三姉妹が萩原流行扮する般若に洞窟に閉じ込められた際に、唯がコケをむしゃむしゃ食べるのです。 二人の姉にも薦めますが、こちらは吐き出しまして「都会育ちはいかんとね、うまかとに」と唯にダメ出しされるというシーンです(笑)土まみれのコケをごそっと取って、そのままガッつく。 
いやあ、私の記憶は合ってましたねえ。よっぽど印象的だったのかしら。
ただ、当時は気づかなかった点としては、「なんで洞窟にあんなコケ生えてんだ?」という疑問。
コケは水だけでなく、光もなければ生えません。あんな四方囲まれた暗い洞窟でなんで生えとるんだ?
日原鍾乳洞の中にもコケ生えてたけど、あれは観光客向けの電灯の真直下のみだったしな。
 って、制作者はそんなこと気にする訳無いんだけど。
なぜ、唯にコケを食わすシーンを作ったのでしょう?田舎育ちの野生児を表現した?とか、色々考えながら観るのもまた面白い。 それにしても、昔のドラマって色々突っ込みどころ満載すぎですよ。

そうそう、このⅢは、スターウォーズが少々土台になっていたんですね。気づかなかった。般若=依田(ヨーダ)、帯庵和尚たいあんおしょう(オビワン・ケノービ)なんて笑っちゃいますよ。



★レッドプラネット
地球がもう滅亡するから火星に移住しよう計画の火星下見の話し。なんか大コケした映画みたいです。(←そういう理由で選んだ訳ではない)
火星にコケを繁殖させて酸素を生成するのに成功した、という話しだとの噂から借りてみたのに、実際は「藻」でした。でも後半の火星の荒廃した土地一面に藻がしきつめられているビジュアルは、藻というよりコケっぽくて綺麗でした。 ちなみに主役の船長役はCarrie-Anne Mossキャリー=アン・モスという女優さんです。
おお!mossコケ!! マトリックスのクールビューティーな方ですね。
ところでこの映画、宇宙船のコンピューターとは直接操作でなく、音声認識型でまるで会話してるかのように電源入れたり操作できるのです。でも、最近流れまくっているスマホのCMとか観てると、あながち夢物語で済まないような時代になってしまってきている気もして怖い。




★スノーホワイト
映像が綺麗そうだったんで観に行きましたけども。
でも映像は綺麗でした。
森の中のシーンでは、コケ亀(確か)やコケ蛇など何とも可愛すぎるコケ生物が登場しますし、耳栓代わりにコケを詰めると良い、という小人の知恵袋の1シーンがあります。
あとシシ神様が出てきました。ジブリが好きなのか、参考にしすぎでしょ意見が多い映画です。



意外に長くなってしまったので、また明日。







スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/253-897186c0

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。