スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイでコケ観察2

DSC01539.jpg


チェンマイで緑色も一緒に満喫できる場所としておすすめな一つ「ワットウーモン」
雨期に来たときは、ひっそりと静まり返って神々しい雰囲気だったんだけども、乾期はがらっと空気が一変。
人も多くて騒がしいし。


左が乾期で、右が雨期。

DSC01527.jpg P8221161.jpg




PC308002_20130205160532.jpg  P8221153.jpg



PC308006.jpg P8221174.jpg

夏にチェックしたコケ達を再度チェックしていくが、どれも一様に茶色く干涸びていて、その残骸ですら見分けるのが困難でした。
トンネルの脇にあった苔類もいずこへ。


これが
P8221154.jpg

これで。
PC308008.jpg

水をかけても。

PC308009.jpg

また雨期になったらみんな戻ってくるんだろうな。

DSC01541.jpg P8221191.jpg

乾期は、雨の心配がいらないし、涼しく(時に肌寒いくらい)過ごしやすいし、ドイインタノンに行くなら乾期なんだけれども、ワットウーモンとか、普通に街中歩いててコケが蛍光色のようにガンガン光ってるのは断然雨期!
夏休みに行くなら、ちょっと遠いけどこの寺はお薦めです!帰りの手段が困りますので、トゥクトゥクは往復&待機分の料金で交渉するのが便利。

私の中ではタイ的コケ寺なんですが、本来は「瞑想寺」らしいです。
森のような緑豊かで広い敷地内には、瞑想用のイスがならんでいる場所も。
ここでぜひ座禅をしたいものです。


そういえば、今回は行く寺先々で、お坊さんがひたすらスマホをいじっておりました。お坊さんもツイッターとかフェイスブックとかやってるんでしょうかね。ウーモンでも ↓ 左上でお坊さんがず〜っと電話しながら観光客を見下ろしてました。


PC308004.jpg


ーおまけー

お犬様の国、タイ。街中にいる野良犬は心が痛むような哀愁を漂わせてますが、お寺の犬達は大事にされてるようで、のびのび元気に爆睡しまくっている。そんな犬達を見るのも楽しみの一つなんですが、このシーズー犬は前回見当たらなかったなー。野放しなので、毛に枯れ葉が絡まりまくっててかわいかった。

PC308048.jpg






スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/264-f4127b59

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。