スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色彩とコケ

kara-.png


今、六本木21_21 DESIGN SIGHTで開催されている「カラーハンティング展」。

「あ」展に行った時の次回告知を見てからずっと気になっていた展示でしたが、
学会の時にホンモンジゴケの研究をされているNさんが展示協力をした旨をお話されていたので、これは行かないと!と思っておりました。

本展は、ディレクターの藤原大氏が、自然や都市に存在する現実の色を、自ら水彩絵具を調合してその場で紙片に写し取っていく行為......文字通り『色の採取(カラーハンティング)』を行い、カラーハンティングを通して色がもつ未知なる可能性を示すとともに、研究者や企業、国内外の教育機関と恊働して(理研以外にもカンペールや眼鏡のJINSなど!)得た色とデザインの成果も紹介されるという興味深いテーマです。

『色からはじめるデザインは、ものづくりのプロセスに関わる人々や使い手に色の意味や物語を伝え、豊かな色彩環境を広げることでしょう。』by 藤原大

展示構成も凝っていて、来館者が自然に参加できるように随所に工夫が施されていて飽きない。
しかも「色」がテーマなだけに、ちゃんと色相が表示されているのも面白い!

色はまず「有彩色」と「無彩色 いわゆるモノクロ」の二種類に分類されるのですが、
「有彩色」はどんな色みをもっているかによってさらに分類できます。
たとえば「青み」「赤み」など。この色みの性質のことを色相といって、グループ分けして番号を付けることで主観的な判断によらず、具体的に数値化することができるわけです。

この色相の分け方はいくつかあって、有名なのは(PCCS日本色研配色体系)、マンセル色相環など。
去年通った訓練校でPCCSという体系にもとづいた色彩学の授業が結構入ってたので、
ここにきて復習するとは思いませんでしたが、あらためて「色」って奥深いですねえ。


ちなみに、こちらのページに展示の一つである「肌色眼鏡」のエピソードが掲載されているのですが、
企画から完成までのプロセスも興味深いです。→こちら  
あと、こっちもおすすめです→こちら

そして、噂のコケ展示、緑から銅色へのバトン。
その名も、なんと
『苔ッ婚指輪』

RIMG0083_2013090510505168f.jpg


鎌倉の神社にて、ホンモンジゴケを採取してそこに含まれる銅で銅箔をつくり、
今度はそれを鎌倉彫りの職人がリングに仕立てて行くという。
このとっても小さい作品に、随分な根気と手間と色々なプロの方が関わっていて、あまりにも贅沢な一品。

「苔のむすまで幸せが続きますように」

ですって!! ヒョウタンゴケだったら金箔でいけるのかもしれないですね。

さてちなみに、苔ッ婚指輪の色相はこちら。

RIMG0078.jpg

ここのオリジナルのものなので、はっきりではないですが、
PCCSにおいての色相、明度、彩度にあてはめてみると、いわゆる「にぶい黄緑=苔色」という位置になる模様。

この色ネタたぶん次回も続く。かも。

展示の冒頭では、藤原氏が白銀の霧ヶ峰で色々な色をハンティングする様子が映像で流れているのですが、
その中では、地衣類まみれの岩の色を採取する一幕も。
ここで採取した色でつくったおひな様も展示されているので、岩の色(地衣色?)を探すのもまた面白いですよ。

ちなみに

RIMG0065_20130905112431c30.jpg
ハイゴケの「あ」


「あ」展も中庭のシンボルがコケ庭になっていたのでした。










スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/284-38b99392

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。