色彩とコケ2

コケと色とくれば「苔色」「モスグリーン」

ですが、そもそも江戸時代以前では、苔色というのは単色を示した色ではなかったそうですよね。
着物(平安装束)のかさねに使われていた色合いを表していた、とはコケ好き間では知られた雑学です。
また、このかさねも
1,表裏の合わせ色目(重色目)←袿の一枚の表地と裏地の混色名。
2,重ね着の色目(襲色目)←十二単の袿の五衣の組み合わせ配色の総称。
3,織物のかさね色目

と3種類あるんですね。
なので、「襲色」と「重色」については、過去の文献により文字もまちまちに使用されていたとかで、
ネットで検索してみると曖昧な印象でした。
私は着物や十二単についての知識は皆無なので、かさね3種類についても知らなかったのですが、
苔色をちょっと探って行くと「重色目」の方で使われていたっぽい印象が残ります。
今までコケ関連の方の情報では、「襲」の文字で認識していましたので、ややこしいです。
まるで、ウィローモスの実態、ないしアクア界における混濁したカワゴケ流通を彷彿とさせます。
(アクア界のネット情報においては、ウィローモスやカワゴケの見解が誤認識で氾濫し気味)


とりあえず合わせ色目で見た場合、これはシーズンごと春夏秋冬で色を使い分けていたようです。
とある情報Aでは「苔」は、『冬の色』として分類されていました。
使用カラーは、伝統色名で表が濃香(コキコウ)で、裏がニ藍(フタアイ)

コキコウ
フタアイ

ところが、この時点でネット上での情報には謎が出てきます。
この「コキコウ×フタアイ」カラーを『色』としている所も多いのです。

ちなみに、上記の情報元では「色」は「香×二藍」。
色」とかなり似た色合いではありますが、こちらは四季通用カラーとして分類されていました。


しかし、多くの情報では「濃香×二藍」は「ニガ色」
「表裏ともに濃い萌黄色」を使った色目を「コケ色」とされているし、
「ニガ色」を冬用、「コケ色」を四季通用としていたりします。

苦色は冬用なのか四季通用なのか、
苔色は冬用なのか四季通用なのか、そして濃香×二藍 なのか 濃萌黄×濃萌黄 なのか。。
そして、根本的に「重」なのか「襲」なのか。

そもそも、こうした色目は時代や公家の家流によって様々な説もあるようで、
同じ名称でも色目が変わったりなど、ズバリを確定させるのは難しいとのことです。

情報Aは、室町時代と江戸時代の出典先も明記されており、
それぞれの時代での一例では苔色、苦色はそういうことだったのかもしれません。

ちなみに、萌黄色というのは
「黄緑」純色より若干落ちる彩度で、これに平均的濃さのグレーを足した色で
(ブラウザ環境の差はありますが)
モエギ
こんなかんじ。

でも、試しに検索してみるとサイトによっては、
モエギ2
こんな感じを萌黄としているものもあって、何かなんだか。。

苔色ってどこを切り取ってもウィローモス現象が起きます。

そんなこんなで、苔色というのは今とは違う用途のもとで存在していたのでした。
しかしやがて、渋くて落ち着いた緑色、いわゆる抹茶っぽいものが苔色として認知され、
日本人にとって大切な色となったのでした。

コケイロについてはこちらでまとめてあります→ここ


また続く。

(オマケ)
ところで、苔と苦漢字似てます。
最初は、単純に漢字が似ていることからの間違いかな、とも思ってしまいました。

というのも、何年も前に「苔」で何か検索した際にたまたま
「苔刑」というのに当たりまして。

『コケケイ??なんというSMでバイオレンスなコケ!』と思って訝しげにしていたら、後日これはコケではなくムチであったことが判明。

「笞刑」

クサカンムリとタケカンムリ。。。 

でも悲しいかな「苔刑」。クサカンムリで検索しても山ほど出てきてしまいます(;^_^

P6010049 のコピー
ある意味、苔の笞刑とはこのことか。
ムチなコケのムチゴケ(フォーリームチゴケ 屋久島にて採取)

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/285-db8c45ee

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com