スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み方間違えてた

蟲文庫田中さんの「ときめくコケ図鑑」をいつものようにパラパラめくっていて、
ふと、ある文字が目に入ってきました。

今年マイブームなウキゴケ科のページです。
ウキゴケやイチョウウキゴケの死守にはじまり、
一歩外に出れば、目は常にハタケゴケに釘付けな年となったからでしょうか。

__________
ウキゴケ科
RICCIACEAE
リッキアセー

ハタケゴケ
Riccia glauca
リッキア グラウカ
___________

リッキア................りっきあ..

お〜 何とリシアではなく、リッキアだったのか!

学名は覚えなくても素人的には全く困りませんが、
とはいえ、多少知っていれば、
先生やコケ友さんとの会話に時折ついていけずに置いてけぼりになる。。という寂しい事態は避けられます。

アクア界で人気かつメジャーな「ウキゴケ=カヅノゴケ」が『リシア』で知られているので、
自動的に脳内が「ウキゴケの学名読みもリシア」で確定されてしまっていました。

.......................................................................................................
ラテン語ではCはか行発音なので、ラテン語的にはリッキア。
しかし欧米人は語源となった言語の発音に従って発音している。
Ricciaはイタリア語が基なので、リッチアという人もいる。
リシアは誰が呼ぶようになったのか。。?フランス語読み?
.......................................................................................................

別件でのやりとりついでに、先生に伺ってみた所、上記のように教えてくださいました。

あまり使う場面はないので和名で十分なのですが、
時折、学名で確認する時に、図鑑でみる綴りの読み方がよくわからない。
読めないので頭に入らないし、書けないし、覚えられない。
そういう時に、ときめき図鑑とか屋久島コケガイドや奥入瀬ハンドブックのように
ルビうちや意味が書いてあると、「へえ〜!」となって、少し知った気分に浸れます。

ときめき図鑑が発売されてから今まで、このルビに気づきもせず、
ずっとリシアだと勝手に思い込んでいたので、私的にとにかく「へえ〜!」でした。
でも、同じように勘違いしてた人もきっといるのでは。。なんて気もします。
ウィキペディアでは「リシア」ってなってるし!

P7260496.jpg
ウキゴケ(鹿角苔)商品名:リシア
Riccia fluitans
リッキア フルイタンス (ウキゴケより古い箪笥を先に思い出しそう)  

和名もいくつかあるコケも多いし、色々覚えたらよりコケ生活が充実しそうです。










スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。