スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケザンマイ

学会の大会や、コケフォレー等で地方に出向く時は、前乗りか早めに到着して観光をセットしています。
今回の高知行き。馴染みの無い初四国。
海も気になるし、時間も無いしさてどうしたものか。。

で、「苔三昧」にて情報収集。
P4030009 2

結果、竹林寺というのがアクセスも良く五大山という名所巡りの一つという事で、バスも乗降自由。
隣には牧野植物園もある。という実に私に都合の良い情報に辿り着けました。

で、行ってきましたよー!大石さんっ!
早速活用させていただきましたヨ。ありがとうございます♪

P5048141.jpg


P5048129.jpg



P5048132.jpg


P5040134.jpg


P5048135.jpg


P5040127.jpg


P5040139.jpg


P5048138.jpg



P5048151.jpg

いや〜。良かった〜。
思ってたよりもずっと広くて、ずっと「ザ・苔庭!」な規模でした。
ここに来る前に隣の牧野植物園に先に立ち寄ったのですが、時間がないため目当ての特集展示から竹林寺へのルートにだけ絞って駆け足散策。
すると、竹林寺前の南門の手前で井上先生の顕彰碑に遭遇。

P5048114.jpg
(※ 昭和時代後期の植物学者で、日本ならず世界の蘚苔類学界を牽引してきた凄い方)


滞在が2時間半しか無かったので、植物園は諦めて竹林寺のみにしようと思っていたのですが、
別れる直前にコケ友がたまたま手にした植物園のチラシを渡してくれて、それを見てやっぱり行く事にしたのでした。

牧野植物園

今回のコケフォレーでの気付きとしては、観察視点というか、観察眼点というか。
そういう「見る、観る、視る」がどうやらテーマだったようです。
普通の当たり前の事なんですけど、
今までもちゃんと見てたし、ちゃんと向き合ってたつもりだけど、そうではなかったのかも。

「お前さんはここを一から見直したまえ」とコケ達が導いてくれたのかもしれません。

この太田洋愛展でも、そのあたりをずっしりと腹に落とし込まされる内容だったのでした。
やっぱ行って良かったな〜。

旅の締めくくりには何とも我ながら良いチョイスで、しかもやっぱり終始コケまみれ、
まさに苔三昧な高知旅となりました。



スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。