胞子体のその後

以前名前がわからなくて悶々としていた手製の盆栽に生えているコケ
おそらく「ノミハニワゴケ」か「コメバキヌゴケ」のようなんだけど、
その後の胞子体の姿が変化してきました。
スクリーンショット(2010-04-04 0.24.01)

霧吹き後。超きれい。
やっぱり鳥でないか。より近づいてる気がする。
また目をかきこみたい。

スクリーンショット(2010-04-04 0.24.14)

この大きさではわからないかも。
朔歯がでてきているのもあります。
胞子体の口のところがブラシみたいになってるんですよ。
グラスとか洗う柄のついたキッチンブラシみたいな。

じきに胞子が飛ばされていくんですね。いってらっしゃい。
できればうちの庭や、他の植木に着地してくれると嬉しい。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/37-e475adbc

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com