生き物月間・イベント色々

  • 2015/08/14 20:30
  • Category: 余暇
この夏は生き物系イベントが盛り沢山!

神保町
「神保町ヴンダーカンマー(驚異の部屋)」展

メインは、8日9日と博物ふぇすてぃばる!とはしごできるようにしていたそもそもだそうですが、
展示期間を8月末まで延長したようです。
「驚異の部屋」も「ヴンダーカンマー」も、何とも惹かれる音の響き。
植物系というよりも骨とか動物系の方が色濃い印象です。
私はなぜかここで一冊しか置いてなかった「ケイソウのしらべかた」という本を買ってしまいました。


P8120001.jpg
「ウルトラ植物博覧会」西畠清順と愉快な植物たち

結構面白い展示をよくやっている銀座ポーラミュージアムで開催中の植物展。
代々木ヴィレッジで話題になっていた方だったので、変わった植物が沢山あるんだろうなと期待してましたが、
展示の方もなかなかにモダンにアート的に配置されていました。
しかも、↑写真の図鑑が配布されていて、これを見ながら会場を回るというスタイル。
植物自体には一切説明も何もないので、植物園というより現代アートを観ているかのよう。
図鑑の方は、大人用と子供用と2種類の説明がついていて、これも面白くとても良いアイディア!


ウニ

自然の造形美展2 「ウニのない人生なんて」

お盆閉館中ということで、まだ行けてないのですが。
アクリルキューブの中に植物やタンポポを閉じ込めたSOLA CUBEで有名なプロダクトを生み出した方の展示。
京都でヴンダーカンマーなお店と宿泊施設を経営されているのですが、
ちなみに、このお宿のお風呂場はコケ壁です(野外側)

前職のお取引先様なので面識もコケ談義もしたことがあるのですが、
もうきっと覚えてないだろうなあ。
当時一瞬、コケにも靡いてくれそうだったんですが、その後の動向を見る限り、
ウニとか鉱物とか骨格系とか何やら固いものの方にのめり込まれているご様子です。

ウニ2

六本木でも同時進行で、ウニ以外のプロダクトを展示する企画があるようです。


そしてこちらも何とか行きたい!

長野

「生きものの小べや」飯田市美術博物館
すでに行かれた方から情報を色々伺うと、コケの展示がかなり魅力的らしく、とっても良かったそう!
そして、この企画を担当された方が虫担当だそうで、イモムシコーナーの方はやはり気合いが感じられるようです。
気になります!来月はコケ友さんが、観察会講師をするイベントもあるようで、ますます気になる展示です。

この他にもやはり夏なので、アクアリウム系にしても博物館系にしても生き物系がアツイですね。
しかも博物ふぇすてぃばる!も含め、関東って(東京って)やっぱりイベント豊富。



そういえば、京都でも冬に博物ふぇす的なイベントがあるそうです。
いきもにあ→

微生物アクセに、原生生物てぬぐい、ですって。なんか気になります。


スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com