コケの同定について徒然 1

今年のテーマはずばり『丁寧に観察すること』
そして春以降、方々で同じようなテーマでの気づきに出くわす。
それは、結果的にコケの同定の仕方というか、勉強の仕方というか、まとめ方というか、
改めて、一から仕切り直すのが良さそうだ、というようなところから発展したテーマです。

要は、『進歩がないのは、同定が大雑把過ぎるんじゃね?!』という、見て見ぬふりだった事実を改めて実感しただけのことですが。。

素人が手を出す蘚苔類の世界は、楽しさを重視するべきであり、あちこちに目くじらたてる必要もない。
研究者でもないし、単位や学位も必要ない。修行でもない。
完全なるただの趣味、生きがい。好奇心の追求。

が、しかし、
やはりそこも落とし穴な気が何となくしていて。

「素人だからそこまではいいじゃん」とか「顕微鏡ないから仕方ないじゃん」とか「見た目が好きだからそれでいいじゃん」
と、素人なことや道具の有無を言い訳の盾に、難解なコケの世界から逃げて、
みすみす自分からコケに近づくのを諦めているような気もしなくもない。。。
まんまかつて自分が言い放っていたこのセリフ。
それは悪くもイケなくもないのですが、せっかく他の人よりもコケに目を向けているのに、
その良さに気付いちゃったのに、その先にいかない理由って一体何なんだろう?
やっぱそれって超勿体無くないか?
自分が好きだと言い切れるものの実態を知ら無いままでいるのは怠慢だ!
しかも、他の人が無知なジャンルをいい事に、知ったかぶるのは、恥ずかしいことこの上ない。
しかし同定は一朝一夕でできるものではなく、本当に難しい!
けれども楽しい! コケを知るって、このコが誰でどんなコか知るのってなんて楽しい!

この数年で変わった意識とともに、
そんな同定のアレコレも整理してメモしておこうかな、と思っています。




スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com