ウキゴケ!

PA319470.jpg

わーい!わーい!なモノを採集物から発見しました。

ウキゴケの胞子体。

カヅノゴケ(鹿角苔)とも言われ、アクアリウム界でとても人気があるコケです。
水中モノと陸上モノと。

こんな細いカラダで、どうやって胞子体をつくるんだろう?とずっと気になっていたのですが、
自分の家で育てているウキゴケに怪しい兆候がでることもなく、
図鑑などでも詳しく書かれておらず、
野外で特に見つけるコトもなく、今日まで至っておりましたが、
先日、採集した陸上型ウキゴケの中から発見できたのです。

そもそも、こんな風に裏返さないとわからないのですねえ。

PA319462.jpg

ここ最近は、要領も記憶力も悪いのだから、
身近なコケを一種、ないし一属に絞って集中観察するようにしています。
去年は、主にヒメジャゴケ。
今年は、ウキゴケ属。ハタケゴケの類をじっくり見ることにしており、
下半期は、他に気になるコケがあっても、ぐっとこらえてここに集中。。

「ハタケゴケ」とされていたものは、最近さらに4種に分類されていたりするし、
この「ウキゴケ」自体も平凡社の図鑑までは一種の掲載ですが、
新しい検索表では、ミゾウキゴケ、ホソバウキゴケ、ウキゴケと3種類になっていたりする。
手元には、3箇所分のウキゴケがあるけれども、それらがこの3種類のどれにあたるのかは、
いまいち判別がつかず、わからない。

イチョウウキゴケでさえも、実は2種類あるのでは?なんて興味深い話までちょうど出てきて、
コケ友達と、ハタケゴケの話で多いに盛り上がるのが楽しい最近。

そして、ふっと「苔類だらけじゃん。。」と気づくのです。

スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com