神秘のヒカリ

ホイアンから、こちらも路線バスで1時間弱ほど揺られて向かうは「五行山」

PC250556.jpg

ここは、近年目覚ましく都市化・リゾート化されているダナンとホイアンの中間ほどにある場所で、
「マーブルマウンテン」とも呼ばれている大理石でできた山なのです。

PC250558.jpg

PC250566.jpg
トレッキングコースとして整備されており、所々に洞窟や鍾乳洞に安置されている仏像を探検するように拝めるのです。
五行山は5つの連山からなり、
金、木、水、火、土の宇宙を構成すると言われている5つの要素がそれぞれの山に名づけられています。

PC250587.jpg

パワースポットと呼ばれるだけあり、あちこちで神秘的な光景。

PC250586.jpg

PC250585.jpg

PC250584.jpg

天井に開いた穴からは、光のカーテンが降り注いで仏さまを照らし美しい光景が圧巻なのですが、
この穴は、ベトナム戦争でアメリカ軍の空爆により空いてしまったものによる皮肉な結果。
わずか40年前に、この場所が最激戦地だったとはとても思えません。

PC250639_201601091551241a8.jpg

PC250635.jpg

運動靴でライトを持参していないと、
見えない、登れない、というちょっとアドベンチャーな場所も。
本来は、こういったトレッキングや神聖な景色を見たいな、という目的で来たのでした。

そもそも、今回の旅先がベトナムに決まったものの、
私的に「コケっぽさ」のカケラも感じられる要素がなかったので、なにも期待していなかったのです。
それまで、チェンマイでは蘚苔林、カンボジアでは遺産と地衣類のコラボを十分に堪能してきたので、
多少の「ご当地苔」を味わえれば、と思っていたのですが、
滞在中に可能な行動範囲内には、目ぼしい場所がなかったのです。
そこで、すっかりやる気ない中の候補地として提案したのが、ココだったのです。

ところが、
五行山も半分ほどを進むと葉状体苔類が目につく。
riccia属が最初に目につき、続いて見えたマットは「ヒメジャか。。??」
ところが、近づくとどうも見慣れない雰囲気。

PC250599.jpg

PC250611.jpg
ルーペで見ると、ますます見覚えがない。
まず、薄すぎる。そして穴(気室)が大きい!

うーむ。なんだろう。
アウェイな場所で、図鑑もないし見慣れないコケの正体なんて私にわかるはずもない。
と、潔く諦めて進んでいたのですが、
どうしても、進む先々で目に入ってきて仕方ない!

しかも

PC250618.jpeg

しかも
PC250620.jpg

あれ、光ってない?

PC250623.jpg

光ってるでしょ!

ここでやっと「ヒカリゼニゴケ?!」とピンと来たのでした。

遡ること2012年、
蘚苔類学会の北海道大会で「ヒカリゼニゴケが54年ぶりに再発見された」という発表がありました。
実際は、ヒカリゼニゴケ科ヒカリゼニゴケ属になるため、
ゼニゴケの仲間になるわけではないのですが、
「ゼニゴケにも光るタイプがあるのか!」と印象的だったのが記憶に新しいのです。

日本国内では、熊本県の石灰洞のみで確認されていたが、この場所の一部が崩落してしまい、
その後の度重なる調査でも発見されず、2007年には絶滅種に指定されていたそうです。
そのため、自生の姿を拝める機会はないも同然となるレアなコケ。

「蘚苔類研究 第11巻 第5号 2015年8月」に掲載されている古木先生の「新・コケ百選」によると、
東南アジアには多いとのことで、五行山は石灰岩にあたるので、
これはますます疑っても良いのでは?と期待も募ります。
ただ、ヒメジャゴケも反射して光り、
未熟なヒメジャの葉状体は専門家も間違えるほどよく似ている。とも記載されています。

ヒメジャに関しては、1年中凝視する日々なので、
さすがにどう見てもヒメジャゴケには見えない。
先生に伺ってみたところ「ヒカリゼニゴケ属ですね」とのこと。
しかし胞子がなければ「それ以上は、まずわからない」とも。

見たものが仮にヒメジャゴケだったとしても、正直どっちでもよかったのかもしれません(笑)
見た目の違いや光具合など、
今まで見たことがない状態を確認したことになるので(あらゆるヒメジャを網羅したい!)、
それもまたラッキー♪と。

「光った光った!」と騒いで、
他の外国人に怪しまれないよう(一部の人に怪しまれた)
角度を変えて見物していたのですが、「光る」といっても
通常にルートを歩いている限りでは、ほぼノーマルモードなのです。
たぶん、ずっと目で追いながら歩いていたおかげで、角度の奇跡を体感できたのかなと思います。
こうして、ヒカリゼニゴケで頭がいっぱいの中、年末を迎え年を越しました。

すっかり苔類づいている昨今です。

PC250641.jpg

これが

PC250642.jpg

これです(わかるかな?)

五行山は、神秘的な光が降り注ぐパワースポットとして今やダナンの顔ですが、
密かに、人知れず、そっと光を放つ隠れたコケスポットでもあったのでした。

ちなみに、チェンマイでも同じコケを見て「なんだこれ!」と疑問に思っていたことを帰宅後思い出しました。
あの時は光ってもいなかったし、全くわからずでしたが、
まさか、すでに見ていたとは!

「関係ない!と言いつつ、やっぱりコケの名前を知りたい」というのは、
こういう事態を防ぐためでもあるのだよな〜とつくづく。

1

2
(2011年8月雨季のワット・ウーモンにて)
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com