顕微鏡(※2/28追記アリ)

注)下記内容は締め切り終了しました。

昨日は、オカモス関東支部にて顕微鏡観察会を行ったのですが、

※オカモス........岡山コケの会というコケの愛好家が集まる会。全国に会員がおり、アマチュア向きだが研究者の多くも在籍、顧問をしているため、コケ好きならば入っておいて損はない会。年2回会報誌発行。

その内容はまた後日で、取り急ぎお知らせデス。
まずは、オカモス会員へのメールでも告知したばかりなのですが、
ここを見に来てくださったマニアックな方にもお知らせいたします。

★★★

関東支部の顧問をしてくださっている木口先生が勤めていらっしゃる高校の理科室には、
買い換えたために行き場を失った古い生物顕微鏡が沢山あります。
古いタイプなので、ミラー式で単眼ではありますが、なんとケースつき!
これらをコケ好きな方達のために、一挙に大放出してくれるそうです。
送料のみ着払いでご負担ください。

コケを始めてしばらくは、平凡社の図鑑も保育者の図鑑も価格が高すぎるし、専門的過ぎるので
「ま、とりあえずいいかなあ」と思ったりします。
顕微鏡に至っては、「あれば嬉しいけど、高いし、そこまではなあ。。。」なんて思ったりもします。

ところが、この二つの図鑑が手元に無いと同定はまず不可能だということにすぐ気がつきます。
そして、図鑑を手にしたところで、顕微鏡が無いと話しにならないことにも、すぐ気がついてしまいます。

実体顕微鏡レベルでは、ルーペや高機能マクロレンズのデジカメでカバーできなくも無いのですが、
胞子のなんたらや、細胞のカタチ、大きさ、細胞壁の具合、パピラ。。。。。etc..
なんやかんやは、もう顕微鏡が無いとお手あげ状態。

以前、同定したいのに顕微鏡がなくてもどかしい状態を打破すべく、
今あるもので、どうにかならんか、試行錯誤ジタバタした事があるけれども、
その時にここでいただいたコメントは、やはり「顕微鏡を買ったらいかがですか」というアドバイス。
とはいえ、そればっかりは、ポイと出せる金額でないので、図鑑のように決断できずにいたものです。

顕微鏡も図鑑もあらゆる環境が揃っても、なおも同定できぬ難しさに唸る日々なので、
何も揃ってないのに、同定しようとしていたかつての自分を思うと、
やはり今の私なら「つべこべ言わずに顕微鏡を手に入れろ」と言うかもしれません。

そんなわけで、ずっと悶々とされていた方には朗報ですね!
まずは、コチラで同定のイロハを実践してみて、
ゆくゆくはさらに使いやすい顕微鏡を揃えていかれてはいかがでしょうか。

台数に結構余裕がありますが、先生の作業上の都合で今年の3月中旬までの申し出にしてください。
先着順なので、お申し出の時点で残数を超えていた場合はご了承くださいませ。

木口先生への連絡先→ gu9876jp★yahoo.co.jp(★をアットマークに変えてください)


※2/28追記:申し込み多数により終了しました。
すでにご連絡いただいた方で、まだ先生から返事が来ていない方は、
予定数をオーバーしている可能性もありますが、その時はご了承ください。
そして対応に追われているようなので、連絡までもう少々お待ち下さいませ。

P2210583.jpg





スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com