スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケノート作ってみました

7月23日、24日に「博物ふぇすてぃばる!3」という生き物系イベントが開催されます。
この数年一大ブームとなっているクリエイター系物販イベントの中でも異色のコチラ。
それぞれの分野にきちんと向き合って、きちんとした知識のもと広めようという出店者の集まりなので、
ハンドメイド雑貨によくある「〜モチーフ」「〜っぽく見えるかわいいもの」
というチープな次元ではない本気度が伺えるアイテムが拝めるのです。
なもんで、普段あまり気に留めない類のジャンルもついつい興味深く見てしまいます。

さて、そんな当イベント、去年に続いて今年も参戦いたします。
コケ友Kさんもコケマンガを引っさげて北海道から上京参戦いたしますので、
コケ好きの皆様にもぜひお立ち寄りいただけたらと思います。
ちなみに、私たちコケ班はDフロアでございます。
私がD-24で、ひっくり返すとD-42のKさんブース。
ただ、私は土曜のみしか参加できないので、初日がオススメでございます!

さて、このイベント。
出店には審査と抽選もあるのですが、さらに当日の条件に「ガクモンからエンタメ」という名の
展示物をしなければいけない、というものがあります。
『既存の学問や研究を受けた作品、または、それらを紹介する作品を自分のブースで展示・解説するという博物ふぇすてぃばる!ならではの企画』ということで、必須条件となっているのです。

正直、展示物を用意するだけで精一杯なので、本音は面倒臭い。。。。
とはいえ、販売OKだし、せっかくなので今年はノートを作ってみました!

コケイロ/ガクモンエンタメ

なぜにノート?というのは、以前より自分が必要だったから。
フィールドで使うメモ帳ではなく、顕微鏡でじっくりみたり、種を同定した際のまとめ用というのでしょうか。。
何冊かノートは使用していますが、結局走り書きのメモだったり、
講義の際のメモだったり。。とメモ帳も兼ねた乱雑で混沌とした中身になってしまって、
必要な事項を探し出すのに苦労していたのです。
途中から、適当なペラ紙に一種ごと同定記録をまとめていったのですが、
今度はそれをどうファイルしていくかに悩む。。バラバラで紛失しそうだし、めくる作業も面倒臭い。
そんな感じで、専用にノートが欲しいな〜と常々思っていたのです。
あと、ツバメノートに代表される大学ノートの表紙の枠!
あの有名な飾り枠をみると「これ蘚苔類でやりたくなるよね〜」と昔から妄想していたのです。

ということで、いつもと勝手が違う作品作りですが、
気分はすっかりツバメノートのパクリ版を作る気満々。苦手な入稿に四苦八苦。
ところが、仕上がったサンプルをみると。。。
がーん!イメージが違いすぎる!!
紙質も光沢も期待を裏切り、なんかとても嫌!(全面プリントになるため、紙だけ見た印象とかなり変わる)
なんか、すげ〜チープに見えるし、なにより私の入れたデータが最悪すぎる!!
コケノートは『絶対大学ノート!=ゆえにテープ製本!』とこだわっていた気持ちも萎え、
イチから仕様も変更してもらうことに。。。
本来は変更や修正ができないので、やっかいなお客だったでしょうが、
いろいろよくしていただいて、結果こっちの方が使いやすそう〜というものになった気がします。
結果オーライか。。 はたまた他人がみると両方大したことないのは変わりないか。。
12_20160621131550338.png
(失敗作は深緑色)

最終的には、このように全面クラフト紙仕様の手触り良い素朴なものにしました。

9.png

これは採集袋からイメージした、というのと、単純にクラフト紙が好きだから、という理由から。
どうせなら、中身もクラフト紙にしちゃおう!と全てが茶色です。

10.png
リングは白とかシルバーはよく見るのでゴールドにしてみました。

1_20160621131543e96.png

5_20160621131612b64.png

表紙と裏表紙の内側には、それぞれセン類とタイ類・ツノゴケ類の基礎知識的なものを。
とはいえ、図鑑をみればより綺麗できちんとした図解が載っているので、そちらをみた方が良いに決まっています。
なので、ここでは私が個人的にど忘れしたり、ちょっと確認したい時に、
いちいち図鑑を引っ張り出すのが面倒な時、簡単に確認できるものをメインにスケッチ、走り書きのような感覚で搭載しました。また、今まで色々な講座や観察会で色々な先生に教わってきて、メモしてきたものも追加してあります。

4_201606211315485fe.png

後方には、フィルムポケットを2枚付属させましたので、採集袋をいれたり、
お気に入りのポストカードやコケグッズを収納したり、資料を入れたりもできます。

3_20160621131546e84.png

中身のページもオリジナルです。
色々検討した末に、限りなくシンプルにいこうと、上下2本線だけにしました。

2_20160621131545716.png

例えば、本来の私が必要だった使い方でいうと、こんな感じ。
上の段には、和名と学名。
真ん中のフリースペースには、同定時のスケッチ類を好きなように、好きなサイズで。
下段には、各図鑑のページもメモできる備考欄を。
何冊も何冊も広げて確認作業をするので、一つ一つの目次からいちいち探し出すのは一回きりにしたい。
後日、このノートをみれば色々と手間が省けるようにするのが目的だったのです。
(※ちなみに、この各図鑑のページをメモする発想は、コケ友Tさんの緻密で素晴らしい記録を間にあたりにして影響を受けたからなのです)
この下段は、枠など色々考えたりもしていたのですが、
他にページ数を書き足したり(冒頭のページで目次を作れば、なお検索しやすくなる)
パラパラマンガを足したりできるようラインだけにしました。

他にも例えば。。。
7_20160621131615fea.png
顕微鏡の倍率を計算するためのメモを書いておく、とか

6_20160621131614381.png
コケをやる人の多くが陥りがちな、知ったかぶりを戒めるために、
こまめにチェックできるよう心得を貼っておくとか、
(※岡山コケの会ニュースNo39(15年2月号)掲載。ブログ記事→

8_20160621131617e65.png

あとは、観察会の際に見たリストをずらっと書き出し記録しておくとか。。

蘚苔類ノートとしては、こんな感じで使いこなせるようなのを目指してみたのですが、
もちろん、ただのメモ帳やお小遣い帳、トラベルノートとしてや、
落書き帳、植物観察。。。。。。。などなど、ジャンル問わず様々に使えるかな〜とも思っています。
サイズは、大きすぎず、小さすぎずのA5サイズ。

表紙の蘚苔類は、何のどの部分が描かれているでしょうか?!
とりあえず、博物ふぇすでのみ販売いたします!
きっと残るので、その時は京都展で出すと思いますが、
1冊も売れなかったとしても、自分で使い続けられるだろう事もノートにした理由の一つです。

よろしければ、一冊お手元にいかがでしょうか。。

コケイロ


★ その他の出品予定の色々はコチラで紹介しています。→コケイロ




スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。