スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オススメコケスポット

18.png

随分今更ながらですが、博ふぇす無事終わりましてありがとうございました。
報告的なものは、コケイロの方に上げています。
写真は、「奥入瀬本の著者に強引にサインをさせる」の1ショット。
これ目当てにお越しの方もいらっしゃったので、嫌がるご本人のご意向はスルーして次々にサインしていただいたのですが、実は本当に苦手でいらっしゃる。他では丁重に断ることもあるほど。
ということを、別の方から伺いましたので、この日サインをしてもらった方々は本当にラッキー♪でしたね!
もちろん、私も自分の分にしっかりちゃっかりいただきました。



そんなこんなで、1日だけのバタバタ出店を終えた2日後。
温泉旅行のため、箱根に行ったついでにコケ散策しました。
まずは鎌倉に寄り道、ずっと気になっていた杉本寺へ。

1_20160804150949351.png

ここは「苔階段」として知られる場所で、見事に苔むした階段を見上げると圧巻です。

2_20160804150950ede.png

3_20160804150952bab.png

結構、色々な種が混ざっているので、なかなか趣深い色合いですが、立ち入り禁止なので観察できず。

4_20160804150953fb2.png

寺らしくコバノチョウチンゴケや、ホンモンジゴケが豊富な中、見事なコツボゴケやツノゴケ斑点、派手な地衣類なども静かに楽しめる居心地の良いお寺でした。
5_201608041509553b5.png

6_201608041510153a9.png

そして箱根にて。
宿に到着後は一切外には出なかったので、立ち寄れた場所は少ないのですが、
こちらもまた気になっていた場所。

12_201608041510382a6.png

ザ・箱根神社。
わんさか人がいましたが、ほとんど外国人。
なかなか見ごたえあるコケが豊富で、もっと近ければ観察会をしたい雰囲気。
19.png

11_20160804151037634.png


10_20160804151020139.png


8_20160804151017a51.png


9_20160804151019a7c.png

最近は、あまり頻繁に出かける事ができないのですが、
なにかと、なんだかんだと、ちょくちょくコケ散策できているのでホッとしております。
なかなかじっくりと観察するまでの余裕はできなくとも、
全景や手触りや、遠目での楽しみだけでも十分味わえるコケの良さ。
改めて、コケってどこをどう切り取っても味わい甲斐のあるヤツだな〜と実感するのでした。
やはり、英気を養う、リセットするには美味いモノと、コケ!

ちなみに箱根は、都内と違って至る所でコケ見を楽しめ、
中でも箱根美術館の庭園は必見です。
以前、庭園をくまなく見すぎて、美術館に入るのを忘れて帰ってきたほど。
強羅駅の周辺をぶらぶら歩くだけでも興奮できます。


オマケ
最近リニューアルオープンしたばかりという、箱根のドールハウス博物館にも立ち寄り。
100年とか200年前などの貴重なドールハウスがたくさん展示してあるので、
なかなか見ごたえがあって、楽しい。

13_20160804151039ae9.png

14_20160804151041933.png

15_20160804151042129.png

17.png


16_2016080415110124c.png

IMG_20160726_122502.jpg


ちなみにこの植物ものは、手彩色の真鍮製。
ミニチュアフラワーの第一人者作ということで、一輪1万円だそう!

精巧で細部にわたって感嘆とする造りのイロイロは、コケの観察と同じく、
じ〜っと覗き込んでしまいます。
とはいえ正直、貴重なコレクションの数々をじっくり堪能すれば、楽しめる場所なのですが、
『オープンしたてで、すでにこれかあ〜』というイマイチ、残念な部分も多々あって、
見せ方やキャプション、展開、物販等をもっと工夫したら、すごい良い感じになるのにな〜と、
なんか勿体無い博物館でした。

IMG_20160726_122745.jpg


IMG_20160726_122811-1.jpg

こういう謎のものも所々に。。
それはそれで、面白いのだけれども。

スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。