コケ観察の愛用品その1

観察会の下見に、と
久しぶりにがっつりフィールドにでました。
その成果はまたおいおいとして、観察時に愛用している図鑑装備、小道具小技を記録しておこうと思います。

野外に出るときは何かしら図鑑の類を携帯するのが必須ですが、
私は先生と一緒で、しっかり聞き込めそうな人数体制の時、ここぞという時、
コケフォレーなどの強化講習の時など、平凡社の図鑑をポータブル仕様に変えて持参してしまいます。





・説明のあった種が「掲載されていない」なんてことがない
・ゆえに、手元にコケはなくとも、話がでた種をその場ですぐに確認できる
・写真と実物で見比べ、再確認できる
・その場で書き込め、あちこちにメモがとっちらからず、図鑑一箇所に情報をまとめられる(私は平凡社にまとめるようにしているので)
・和名がでてこない場合にも学名ですぐに何のコケを説明しているのか確認できる

などなどのような感じで、ものぐさな私には後でメモを確認する手間も省けてなお便利に感じます。
ところが、この図鑑の重さは約1.7キロ。
片手で持つのはツライ。
カバンからいちいち出すのもツライ。
ページを立った姿勢でめくるのもツライ。

なので、思い切って図鑑を加工しています。
5_20170501090114a9a.png 

図鑑をバッグのようにたすき掛けするのです。

4_20170501090113ab2.png 

歩く時はポシェットのように。

1_201705010901099e2.png 

立ち止まって、解説が始まったらすかさず図鑑をひらきます。
片手で開けます。めくれます。
画板の使用感に近いかも?! 
お腹で引っ掛けながら開くと、片手でコケを持ちながらページをめくったり、メモをしたりできちゃうのです。

2_20170501090110ae1.png 

通常はストラップを外せばいつもの図鑑に戻り本棚にもしまえます。
野外の際は、すかさずフックを引っ掛けポータブル仕様に変身!


3_201705010901118a2.png 

OP TECHというブランドのビジネスマン向けのショルダーストラップで、
カバンのストラップを純正からこちらに変えるだけで、30%の重さを減少させるというスグレモノ。
ネオプレーンの素材が肩にやさしくフィットして、歩く振動にもずれたりしません。

図鑑の表紙に穴を開け、その穴を保護するためにハトメパンチをして、リングパーツを取り付けます。
あとは、臨機応変にこのストラップを付けたり、外したり。

私はさらに、野外に持って行って汚れや傷みを防止するために、ブッッカバーのようなものをつくって(お粗末ですが)
被せた状態にしています。
そうすることで、一人でふらふら野外で使う際にも、一見図鑑とはわからないオタク臭緩和で都合が良いかなあ、と。
また、ブックカバーのおかげで表紙とカバーの間にポケット的空間も生まれ、メモやプリントの収納も実現しました。

ちなみに、これは野外だけでなく室内でも◎
顕微鏡講習などで、万一図鑑を広げるスペースが無い時などにもちょっと便利です。
ヒザの上に乗せながら、ぷるぷるしつつページをめくって、顕微鏡を覗いたりしていると、つい落下。
肩にかけておけば落とす心配もないし、使わない時に置く場所にも困らないのです。

コケ観察時の目的や、レベルは個々で異なり、差もあります。
なので、一概にはオススメしませんが、数年使ってみた結果私には合っていて、我ながら良い小技だ!と愛用しています。
表紙に穴はあきますが、後悔はしていません。
むしろ、開いてしまった分、使いたおすぞ!と変な意気込みが湧いたのでした(笑)
私のようにコケ学吸収に不器用で、ものぐさで、中途半端な中級者にはオススメかもしれません。

もちろんここまでしなくとも、野外携帯用に最適な図鑑で普通の人は事足りるかと思います。

オススメ2冊









スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com