コケ観察の愛用品2

コケ観察時に愛用しているアイテムその2です。

コケ採集時の必須モノといえば、ヘラがその一つですが、
ルーペや筆記用具、カメラ。。。とただでさえ、細々と使う頻度の高い小物が多い上に、
採集袋やら、図鑑やらと必要なモノは多くてまごまごするコケ観察。

1_201705020940158f5.png

ということで、「ヘラ×えんぴつ」です!

これは、コケ友さんでもありコケについては大先輩のTさんの大発明。
Tさんは、ボールペンとドッキングさせていました。

一つでもアクションを減らそうと、ずっとメモ帳と筆記用具のドッキングを四苦八苦試していました。
また、キーホルダータイプのアウトドアペンを使ったことも。
ところが、
・メモ帳と一緒だと採集袋に書く際にメモもくっついてきて不都合。
・首から下げるとルーペと絡まり不都合
・アウトドアペンを下げていたところ、不意にペン先が出てしまい服を汚した
・単純にポケットにペンを入れてみると、やはり服を汚した
・ならば、とクリップのついた超薄型「ペグシル」(よくアンケート記入などでもらう使い捨ての)にしたら、
いざ使う際にシン部分がなくなっていた。
・ならば、えんぴつ!と順調に使っていたら、中盤でシンが丸くなった&折れてしまった

などのような過程で、どれもこれもしっくりきません。
しかし、Tさんのヘラペンをみて目からウロコ。
動作がじつにスムーズ!

しかし、上記のような失敗を避けるために、私はえんぴつを使用することに。

4_20170502094020b7c.png

リラのカーペンターペンシルが平べったく、ヘラの柄と干渉しないので具合が良いです。

3_20170502094018bda.png
ダイソーのモンジャ焼き用のヘラ(柄が木のもの)が角度など使いやすくオススメです。
(これを愛用しているコケ屋さん多数)
なんと、リラペンと幅がピッタリ!

5_20170502094021789.png
しかもこれ、シンがやたら太いので絶対に折れません。
ちょっとだけ先を薄く仕上げると、角を使えば小さい字も書けます。

2_20170502094017a11.png
(比較用にシャーペンを置いてみる)
採集袋やメモ帳、図鑑に書き込める程度の細さやサイズは不自由しません。

ちなみに、ヘラは木製の柄を分解し、ペンシルは長いので二つにノコギリでカットしました。
マステで止めてるだけなので、何かあればすぐに外せます。

これは、見た目のシンプルさ以上に使いやすくて大ヒットアイテムで、Tさんには大感謝なのです。
観察時は、基本片手にずっとこれを握りしめてウロウロ。
コケ見に夢中でついついやみくもに手を出してしまいますが、
これからの季節、虫やらマムシやら危険も潜む野外での採集行動。
このヘラで枯葉や枝をどかしながら探索、これぞというコケがあればそのままヘラですくいます。


スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com