FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥入瀬ハンドブックシリーズ

おいらせ2
(2014年に訪れた際のもの。雨だったり、薄暗かったり、エクスカーション一行の流れに合わせるため慌ててシャッターを切っただけだったり。。と後で見ると後悔する写真ばかり)

一度しか訪れていないにも関わらず、共通の知り合いが多いこともあって、
親しくさせていただいている「おいけん」こと『NPO法人 奥入瀬自然観光資源研究会』
苔の三大聖地といえば、屋久島と北八ヶ岳、そして奥入瀬渓流。

隠花帝国として、コケをはじめ様々なミクロの視界で楽しむ「立ち止まるから見えてくる」の
流れ作業でない、”鑑賞”としての観光地喚起がもう随分としっかり定着してきているのではないでしょうか。
そんな観光客向けの奥入瀬の発展とともに、徐々に増えてきているおいけん本。
コケハンドブックをはじめ、渓流をいかんなく楽しめるようしっかりガイドされた「奥入瀬自然誌博物館」や「奥入瀬フィールドミュージアムガイドブック」は、実際に横でガイドさんについて渓流沿いをあるいているかのような擬似体験をできる内容で、いつかの再来の日に備えて予習に読み込んでいきたい一冊です。
ですが、二冊とも厚め、デカめ。
さっと気軽に開いて見たり、携帯するにはちょっと躊躇するサイズ感でしたが、
この度、新たにハンドブックが2冊もリリースされるとのことです!

奥入瀬

(申し訳ないことに)この度も送っていただきまして、一足先に堪能させていただいております。
ハンドブックならではの程よいサイズ感は、コケブックとともに3冊カバンに入れても苦ではない!
「奥入瀬自然百景」は、これを手に歩き進めば、もはやガイドさん頼まなくてももしや良い?!と思ってしまうほど(いやいや、とはいえ勿論実際に横にガイドさんがいる充実度に勝るものはないのですが。。)
これを手にまずは独自で歩き、その後ガイド付きで再度歩きなおす、が理想かなあ。
ああ、やってみたい。

終わる寸前での更新ではありますが、おいけんサイトから10日までに購入すると10%割引だそうです
コチラ→

おいらせ3

コケ漬けの生活は相も変わらずですが、以前のような遠出やフィールド活動はすっかりできずの今日この頃。
身動きできぬ日々は、もどかしくもありますが、本の中でプチトリップするのもまた楽しく貴重なひとときです。




スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。