キヨスミイトゴケ

何度も言っている大好きなコケ。「キヨスミイトゴケ」鮮類。

スクリーンショット(2010-04-23 23.39.57)
学名:Barbella asperifolia Card.
ハイヒモゴケ科です。

谷川沿いの半日陰の樹の枝から垂れ下がっています。雌雄異株。葉は先が細長い、先は糸状にのびる。

スクリーンショット(2010-04-23 23.39.45)

グリーンカーテン。グリーンレース。
スクリーンショット(2010-04-23 23.40.59)

光に当たったこの姿も美しい。

希少なコケというわけではないが、空気がきれいで水が近くにある山の中のようなところでないと、見つからないでしょう。なので、日常的に見るのは、まあ無理。そんなところも、よけい会いにいきたくなるお方。
そんなわけなので、もし出会っても採ってはいけません。
見て楽しみましょう。
採ったところで、家ではまず育ちません。即効枯れるのがオチ。
コケは育てるのが難しいのです。
サボテンのように、ラクなイメージがあるかもしれませんが、その辺のコンクリなんかにあるコケでさえ、家に持ってかえったとたん枯れたりします。
コケは気難しいというか、気まぐれというか、選り好みが激しいというか。
一見、こんな過酷な環境にいるんだから、さぞかし頑丈なのかと思いきや!ってコが多いこと。
コケ育成には、いまだに私も四苦八苦。 けっこう手間がかかります。
  なもんで、興味あるコケを見かけても、観察するにとどめましょう。
根こそぎ持っていったりしないでくださいね。 また同じような状態になるにはかなりの時間がかかるのです。

なもんで、私はわざわざ小道具もって山登ったりしてるわけで、家でじっくり撮れないものは現地で遊ぶしかないのですね~

スクリーンショット(2010-04-23 23.40.24)

足下に落ちている小枝やらキヨさんのかけらやらでプチフレーム。 家の壁に飾りたい。

スクリーンショット(2010-04-23 23.40.46)
キヨスミイトゴケで編み物するのも夢だわ~ 

スクリーンショット(2010-04-23 23.41.11)
そば的なコケともいう。(いうか?!) まずいともっぱら評判のコケ。キヨさんの味はいかに?
味わう勇気はまだない。  まるで翡翠麺のようですね。

スクリーンショット(2010-04-24 0.01.18)

リリアンでも軽く遊んでみる。 あ、これはもちろん地面に落ちていたキヨさんです。念のため。

スクリーンショット(2010-04-23 23.40.35)

キヨさんの胞子体。 これは結構珍しいみたい。ラッキー~!

スクリーンショット(2010-04-23 23.40.11)

それにしてもきれい。素敵。 これを見ずにして何を見て山を登るのか! 
頂上目指すだけが山登りではないのだ!!
でも、あんまり気づかないでほしい気がするのも本音。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/44-46d28282

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com