スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャボスギゴケ

続いて、チャボスギゴケ
スクリーンショット(2010-04-28 18.09.06)

pogonatum otaruense Besch. スギゴケ科。

日本全国に広く分布するが、それほど普通ではなく硅質の岩の有るところに多く見られるそうです。
高尾山でも6号路の登り始めてすぐ、カーブってる日の当たる岩場に生えています。

ぱっと花が咲いてるような葉で目を引きます。
スク<br />リーンショット(2010-04-28 18.06.07)

けっこう華やかなかんじ。

でも乾燥するとみるみるみすぼらしい姿に。スクリーンショット(2010-04-28 18.07.03)

霧吹きしてあげると生き返る。スクリーンショット(2010-04-28 18.06.30)

薄暗い山の中でも、ここは日があたって明るい。スクリーンショット(2010-04-28 18.07.21)

高尾山はコケが豊富。
手元の図鑑も高尾山撮影写真の多い事。 さすがミシュラン。

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/47-2e3de1d5

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。