週末弾丸トラベラー

スクリーンショット(2010-05-26 0.42.46)
5月中旬の土日に有給をとって奈良に行ってきました!
もちろんコケ遠征でございます。
なぜ奈良かと言えば、大台ケ原があるから。 本州の屋久島と言われ、年間降水量が多い山深いここは、有数のコケ産地で密かに知られているところなようです。苔の道なるものもあるほどです。
とある本に登場してるのを読んでから、さらに憧れは強まり、久しぶりに(中学校の修学旅行以来、17年ぶり)に行く事に。

安いレンタカーに、土日の高速\1000を使えば、相当安上がりにいけるはず!とETCの準備も万全に、意気揚々と乗り込んだ訳です。 金曜の仕事が終わって、帰宅してからすぐ、12時前くらいに出発、土曜の8時とか9時くらいに大台ケ原に到着。それから5時間半くらいかけて代表的なコースを一周。
次の日は神社を巡って、夕方帰宅の途へ。渋滞も相成って結局、深夜2時くらいに自宅着。
というなんだかんだ金~月までまたがるハードな旅に。

スクリーンショット(2010-05-26 0.41.41)

大台ケ原は、東西で分かれており、西は事前に申請と、レクチャーの受講が義務づけられているので、仕方なく今回は東のみで。 しかし、幽玄なコケの森、大台ケ原は遥か昔のようで、実は今はかなり環境的に厳しい事になっているみたいです。  そもそも大台ケ原までいくのに、奈良中心地からも相当有る。
相当山深いのに、たしかに微妙なコケの様子。
途中からはカラカラな乾燥地帯で、とても幽玄とは言いがたい。しかもこの正木峠のトウヒ林には絶句。
なんだこりゃ~!! というひからび具合。
本来トウヒって、倒木してもそこからまたさらに、新しい木が生えてっていうかんじで森になっているようです。
密集するから、樹幹にはコケが生えていて、それはそれは素敵なコケの森だったんだろうな~ってかんじなんだけども。 これは影も形もない。
40年くらい前の写真と比べると、そのひどさ、劣化具合が一目瞭然で。
このトウヒの白木は、今ではこの状態が名物っぽい印象だけど、実は違う、全然違うというのは、知ると愕然とする。   原因は台風とドライブウェイの開通、登山客の増加。ってところみたい。
結局、人か。。  これは西の出入りを厳しくするのは当然だろうね。
スクリーンショット(2010-05-26 0.38.43)
大蛇僴。 実際は、この手前が尋常じゃない崖具合で、あまりの怖さにこれ以上前に降りれなかった。
でも、目の前は絶景。

P5153910.jpg
コケの道散策中に、濃い霧に包まれた。
行く直前に、この周辺に詳しい人から「苔ない道」になっている。と教わり、
半ば諦めて散策でしたが、やはりここももはやコケの面影はなく。。。
普段都心にいる私のようなものから、見ればそれはそれなりに多いと感じはする。でも。。。
でも、やはりこんな山奥にも関わらず、これかよっていうのが今のここの姿です。
かつては、一面コケだったんだろうな~と思わせるところは、一面笹林に。笹だらけ。

コケが少ない、少なくなったということは、そこには何らかの異常事態があるということ。
環境の変化がコケやトウヒへ少しずつ影響してきて、次第に消えていって。。。。

コケから見る環境の変化。 
そうとりたてて有名でもないこの山奥に興味を持ち、またその環境へも意識が向く。
コケをきっかけとして、普段意識が向かない事にまで目がいくというのがまた面白く、興味深い。
きっかけは、単純に緑のふさふさが癒される。そんなことから始まったで有ろうコケ好きも、自然全体の流れにまでつながってきた。  だからといって、今まだなにができるとかではないけど。
でも、知らないと何もできないし、 知る事から始める、でも知るにはきっかけがないと気付きもしない。

直接何かができるわけでは、ないけれど私は私でこの事実を知り、実感し、より自然を愛する事は大事だと思う。
特にこんな都会にいると。

スクリーンショット(2010-05-26 0.43.01)
コケは少ないけど、東京よりは多い。さすがに。
なんだか小人が住んでそうできゃわいい。色合いがなんともメルヘンちっく。童話だね。

行き帰りは車中で日をまたぐ訳だし、なんだかんだの運動量。
月曜の仕事は、睡眠不足と疲れで頭が軽くラリッてるかのごとくフラフラ。
結局、元の体調とリズムを戻すのに一週間を費やした。 もう年だな。まじで。

ちょっとしんどいけど、でもまた行きたい。今度は西へ。
西台が原の方は、人数制限もしててもう少し幽玄な情景が楽しめそう。

なにはともあれ、ここまで私を駆り立てるコケ達。恐るべし。









スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/51-3ddca9bb

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com