コケの本

コケに関連する本が少ないのが悩ましい。
で、今までに読んできた物達&愛書を書き出してみる。
他に気になる本もありますが、絶版とか図書館にもなかったりとか。

いろいろ探そうーっと。



苔盆景の本ですが、育て方や代表的なコケの説明もついていて、コケ導入の際の良いガイドになります。
写真もきれいで、木村さん作成の苔盆景は本当にきれい。
コケすきでなくても、つい作ってみたくなる。盆栽じゃないのね、盆景なのね。そこがまた良い。


大好き。 読み物としても傑作。 ゲッチョ先生がコケの病に感染して、持病にいたるまでの観病気をおもしろおかしく綴ったエッセイのような軽い文章。でもついでにコケのこともちゃんと学べます。
個性的な登場人物が非常に魅力的、でも全員実在してるんだよなあ~。 「コケ屋」すげえ。。。







2冊とも秋山先生の著書。でもコケの手帳の方は他にも数名著者がいます。上のは小さくて携帯にも便利。コケ生態が気になりだしたらこちらをどうぞ。
購入当初は、読んでいるうちに眠くなる箇所もありましたが、コケ経験値が上がるとともに、何度も読み返す本。


図書館で借りた時は、なんと苔ではなくて、「教育」コーナーに。
それは間違ってるよ~。植物コーナーにもおいてよー。コケに興味がある人は、こちらは超おすすめです。
たいていのコケものってるし、説明も分かりやすい。とっても良いので結局購入。



泣く子も黙るコケ好きさん必読書。とりあえず一人一冊。のひとつ。



写真家伊沢さんの子どもむけコケ入門書。ですが、絵本のように大きくて、わかりやすくて、写真もきれいで、
大人にもぜひ。 これも幼児書コーナーにあっても見向きもされんだろうに。。


しだとセットになった図鑑ですが、コケの量もなかなか。持ってて損なし。
たいていコケの生育には、シダとか地位類とかセットになって生えてるので、便利。


残念ながら絶版なようで、入手は難しそう。 唯一の写真集ですが、ほとんど地位類です。
でも美しい写真で、眺めるだけでも楽しい。




コケを知ったら、行き着くあの子。かわいいクマムシにも興味が出た方はこちらを。
私は相当面白くて好き。 こういうマニアックな地味なものを、軽いタッチで万人向けに書かれている物って、素晴らしい。 なので、顕微鏡もちの友人にもプレゼント。



苔と雑貨を組み合わせた写真が多いムック本。 コケがわかる本ではないし、どうせポップに撮るなら、もう少し工夫してほしい箇所も多少あって、なんかちょっと惜しい。でも切り口は、他にないものだし、苔知らない人の興味をそそるには良い内容です。


箱根美術館を苔庭にすべく奮闘が書かれたものですが、コケコラム的なまめ知識も面白い。


切り口が新しいと言えば、こちらもそう。 ピンクの本といい、なかのイラストといい、これをたまたまつい手にして、コケファンになった人がどれだけいるんだろう。
一般人からコケにどっぷりはまった人、オールマイティに楽しめます。


追記:最近、苔関連の本で検索される方がこの古い記事に辿り着くようなので、随時更新していくこちらをリンクします。→苔の本



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/63-8ae9e150

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com