コケ以外の本

  • 2010/06/26 23:41
  • Category: 余暇
コケ以外では、コケ並みにマニアックな内容か、写真集か、展覧会図録ばかり購入していた。。。。
気づいたら普通の小説とかは、ほとんど買ってない!
こちらは、特にお気に入りの本たちです。
フジツボはまだ読み途中だけど。


フジツボ―魅惑の足まねき (岩波科学ライブラリー)フジツボ―魅惑の足まねき (岩波科学ライブラリー)
(2009/06)
倉谷 うらら

商品詳細を見る


同じ岩波書店のクマムシ本を絶賛している私ですが、コケ友さんが、こちらを絶賛されていたので気になって、ちょっとアマゾンで見てみました。何せフジツボなんて、それこそこの人生一度たりとも注目したことなど一切ないお方、 しかも購入者の評価が高い!なもんで、よりそそられました。
まだ途中ですが、イラストや写真が豊富で、「フジツボって奇麗!」と思わざるを得ないです。
アクセにしたくなる気持ち、とってもよくわかる。 そしてこんな、フジツボのイロハもわからぬ私のような若輩者が読んでも、理解しやすい説明と軽快な文章がとっても魅力的。  

赤ちゃんフジツボがその後の活動の為にひたすら栄養分を蓄えておき、次の成長段階では、食事をしなくても済むようにしておくそうなのですが、その栄養部分をイラストで説明している部分で「これはお弁当」という部分があって、そこがとっても好き♥です。
今年の夏は海にいくので、早速フジツボを探索しようと今からワクワク。



100均フリーダム100均フリーダム
(2010/06/22)
内海 慶一

商品詳細を見る


新刊ですし、一部では話題の一冊。 
最初、昼休みにごはん食べながら読んでたのですが、ニヤニヤが止まらないので途中でやめました。
笑いをこらえるのが大変そうで。
サイトも面白い。ここ
ピクトさんのサイトも素晴らしい。

ここのサイトは、住宅都市整理公団の総裁、大山さんサイトで知ったわけなのですが、この方の周りには面白い方が多いこと、多いこと。 知ってからずっとチェックしまくっているので、もう随分感化されています。
数年間、細々と育んできたコケ愛が、去年から急速に盛り上がったのには、これらの要因も強いかと思われます。


壁の本壁の本
(2009/09/02)
杉浦 貴美子

商品詳細を見る


とても美しい写真集のような、とっても素敵で衝撃の本。
これまた大山さん経由にて知る。 
彼は、凄い広告塔ですね。ブログで紹介して、まんまと私が買う。というか、わたしが何なんだ?
だって、面白そうな本ばかりなんですもの。
この方の周りの人ってば、日常生活のあらゆる場面がもはや日常ではなくなってしまうような、それこそフジツボってかわいい~!ことをそこいらじゅうに気づかせてくれる物を実践されている方ばかり。
素敵ですねー 視野が広くて。(ん?ある意味狭いのかも?!)
人が見えてない物が見えているのって、素敵。


生きる技術は名作に学べ (ソフトバンク新書)生きる技術は名作に学べ (ソフトバンク新書)
(2010/01/19)
伊藤 聡

商品詳細を見る


は、またまた。そうですよ。こちらも大山さん経由ですもん。なんだそれ。
こちらも、例に漏れずやはり、他の人が見えてないものが、見えていらっしゃる伊藤さんという方の著書。
うまく説明できないので、総裁の饒舌な紹介でどうぞ

「アンネの日記」は、小学校の時に確かに読んだし、学校で演劇も観に行った。
でも、こんな事実は知らなかったし、気づかなかったし。いや、アンネって。。。。。
もう一度、アンネの日記を読まなきゃと思いました。20年以上ぶりくらいに。
大人になって、しかも「生きる技術は名作に学べ」を読んでしまった私は一体、どんな感想をもつのか。。。。
 このアンネの章は、笑えます。



たったひとつの贈りもの―わたしの切り絵のつくりかたたったひとつの贈りもの―わたしの切り絵のつくりかた
(2003/12)
児玉 清

商品詳細を見る


我らが「アタックチャンス」児玉清さんの著書です。なんと彼は切り絵がお上手。そしてオシャレ。
あまりにかわいいので、個展とかやってないのか検索しまくったことがありますが、最近は全然やってないみたいで。というか、今時自身のホームページがないのが新鮮。残念。



はこぶねのそとはこぶねのそと
(2009/12/25)
うつ ゆみこ

商品詳細を見る


衝撃。 
素晴らしい。
部分的にやっている事が、なんだか私、ちょっと似てて恥ずかしい。彼女のようにストイックにまで作り上げていないから、私は。ちゃちゃっとふざけてるだけで。 このかたは真剣にふざけてらっしゃるので、素晴らしい。
その違いが才能の大きい違いでもあるんだろうなあ。私がコケや虫で遊んでいるのは、うつさんを見てまねてるからではありませんので、あしからず。最近知った写真家さんですが、目が離せず。
注)この本、良いんですが、ご飯食べながらはやめた方が良いです。


ム・チャ・チャPRESENTS ポンポルトンタン (nina’s ehon)ム・チャ・チャPRESENTS ポンポルトンタン (nina’s ehon)
(2007/03/28)
ヨシエ

商品詳細を見る


超かわいい。超ラブリー★ 超キュート~!
切り絵、刺繍、コラージュ。いろんなものごちゃまぜ、こってりの絵本です。
ムチャチャ、かわいすぎるのよ。 

何か面白い本があったら、教えてください~ 
って言ってみる。 面白い本あったら、また覚え書きしよ~っと!
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://mukumukugoke.blog82.fc2.com/tb.php/68-77c8eae6

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

よ2

Author:よ2
地味で共感を得難い、コケの魅力に取り憑かれ、観察や写真を撮りにでかけ、コケグッズを集めたり、つくったりの日々。コケ一色の毎日を綴るコケブログです。http://kokeiro.com